2018 第72回 セントライト記念 血統分析 馬場改修後はディープ天国?

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第72回 セントライト記念の血統分析をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

先週の血統分析挙げた中で馬券内の馬

紫苑S ノームコア 1着

京成杯オータムハンデ ロジクライ 3着

産経賞セントウルS ファインニードル 1着

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

馬場改修後は馬券になった9頭中5頭がディープの血をもつ馬

ロベルトの血をもつ馬にも注目

 

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

ディープの血をもつ馬

エストスペリオル

ギベオン

ケイティクレバー

ゼーゲン

ブレステイキング

 

ロベルトの血を持つ馬

ギベオン

グレイル

ケイティクレバー

ジェネラーレウーノ

タニノフランケル

レイエンダ

 

 

以上の馬には要注目です!

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

ディープの切れる脚が活きる馬場に!スタミナも重要!

 

開幕二週目の中山で行われるレースという事で、馬場状態は良好で時計も出やすい馬場になっています。

 

馬場改修後は差しが届きやすくなりディープの血を持っている馬の成績が良くなっており、2016年はディープ産駒で1~3着まで独占、2017年は1,2着と非常に相性が良い血統となっています。

 

また、中山2,200mという事で切れる脚だけでなく、スタミナとパワーも重要な要素になっており、中山でいつも穴を出すロベルトの血というのが好相性ですね。

 

今回の出走馬を見てみると、ダービーで惨敗した馬や条件戦で強い勝ち方をしてきた馬が中心になってくると思いますが、例年ダービーでは切れる脚が一枚足りなかったタイプの穴馬が好走するレースでもあるので、しっかりと馬の適性を把握したい所です!

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事