皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第3回 紫苑ステークスの推奨馬をお届けしたいと思います。

 

今回は時間の都合上、推奨馬のみのご紹介になりますがご了承ください。

 

早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第3回 紫苑S 血統分析 欧州血統を持っている馬に注目!

 

スポンサーリンク

推奨馬

 

トライアルレース全てのレースに言える事ですが、あくまでも本番の秋華賞へ向けての前哨戦なので、賞金が足りている馬は本気で走る必要は無いわけなんですよね。

 

要するに、賞金が足りていそうなマウレアだったりパイオニアバイオ辺りは次を見据えての競馬をしてくると思います。

 

特に武豊騎手のトライアルレースは勝ちに行くよりも本番を想定して乗る事が多いので、実績的には一枚抜けているであろうマウレアでも取りこぼしは十分にあるかなと。

 

では、ここで本気で権利を取りに来ている馬はどの馬なのか、という事を考えた時に、この馬が一番本気度合いが高いのではないかと考えました。

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

 

◎ノームコア

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、まず一番はこの馬にルメール騎手を乗せてきたという点ですね。

 

ルメール騎手は秋華賞でアーモンドアイという、べらぼーに強い馬に騎乗する事が決まっているので、ここは完全な”代打”な訳です。

 

三歳戦というのは馬とのコンタクトを取るために継続騎乗の方が良いと言われていますが、本番では絶対乗ってくれないルメール騎手をわざわざノームコアに乗せてくるという点で、本気で権利取りに来ていると見る事ができます。

 

ノームコア自身は中山で結果を出していますし、春のトライアルで惜しくも結果が出せなかった為に、早めに放牧に入り秋華賞へ向けて調整が行われてきたのだと思います。

 

ある程度騎手人気しそうではありますが、ここは陣営の本気度合いを信じてこの馬から勝負して見たいと思います!

 

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサードリンク