皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第63回 京成杯オータムハンデの血統分析をお届けしたいと思います。

 

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

それでは早速血統分析見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

父が中長距離実績の高い馬

ニジンスキー、ダンチヒ、ロベルト系の血をもつ馬

 

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

ウインガニオン

ゴールドサーベラス

ショウナンアンセム

ストーミーシー

ヒーズインラブ

ミュゼエイリアン

ロードクエスト

ロジクライ

 

以上の馬には要注目です!

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

紫苑ステークスと同様でスタミナやパワーが求められる馬場に

 

昨日挙げた紫苑ステークスの血統分析の記事でも書いたのですが(気になる方はこちらからどうぞ!)、中山は馬場改修後、開幕週からパワーとスタミナがいる馬場になっています。

 

マイル戦ではありますが、父が1,800mや2,000mでも走れそうな血統を持っている馬の方が好走している傾向にありますね。

 

また、パワー、スタミナ能力を補填するためにニジンスキー、ダンチヒ、ロベルトといった、スタミナ寄りの血をもっている馬にも注目が必要です。

 

特にロベルトの血というのは昔から中山の馬場で適性が高いという事が知られていますから、ミュゼエイリアンやロードクエストなどのロベルトの血をもっている馬には注目しておくと良いかもしれませんね!

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事