皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は、昨日7月7日に福島競馬場に初めて参戦してきましたので、その時の事について日記みたいな形で記事にしたいと思います。

 

競馬ファンの方であればご存知かと思いますが、7月7日の福島競馬場はある注目レースが行われました。

それは、”障害界のディープインパクト”と呼び声高い、オジュウチョウサンが平地のレースに出走するという、競馬界を賑わせた特大イベントレースが行われました!

オジュウチョウサンといえば、2016年の中山GJで初GⅠを勝利してから障害重賞を目下9連勝と、障害界では敵無しとまで言われてきたサラブレットですが、オーナーの意向で障害ではなく平地のレースに挑戦という事で、非常に注目のレースとなりました。

 

実はオジュウチョウサンには強い思い入れがありまして、昨年アップトゥデイトと白熱の一戦を演じた中山大障害で3連単一点に1万5000円をぶち込むという暴挙に出ましたw

その時に見事オジュウチョウサン、アップトゥデイト、ルペールノエルの順で買い目通り入線してくれたおかげで、非常に幸せな年末を過ごす事ができたという思い出があります。

後にも先にも3連単一点にこんな大金を使う事はもう無いと思いますがw

そんな事もあり、そのレースでレコードタイムで駆けてくれたオジュウチョウサンには特別な感情を抱いている訳です。

 

そのオジュウチョウサンが平地のレースに出るという訳ですから、これは生で見届けなければあかんやろ!という事で、初の福島競馬場へ参戦してきました!

今回はその時の様子を是非とも形として残しておきたいと考え、日記のような形で記事にしていたいと思いますので、どうぞドラン下さい!

 

スポンサーリンク

福島競馬場に初参戦!

 

 

今回車で競馬場の方へお邪魔したのですが、到着早々に問題が起きました・・・

もしかしたら読者さんも同じ体験をされた方がいらっしゃるかもしれませんが、とにかく駐車場が空いていない!

大体10時30分辺りに競馬場付近に到着したのですが、JRA管轄の駐車場はもちろん、民間の駐車場でさえもパンパンな状態・・・

オジュウチョウサンの集客効果は想像以上のものでした。

遠い所に何とか車を停めて競馬場に歩き、結局到着したのが11時45分と1時間以上も駐車場難民になっていましたw

流石にこんな事は毎回起こる訳ではないと思いますが、そこまで周りに駐車場がある訳ではないので、今となっては駅前に車を停めてバスで来た方が良かったかなと思っています。

駅前のパーキングの値段を見ても半日500円とかリーズナブルな所が多かったので、今後福島競馬場に行かれる機会がある方は参考にしていただければと思います。

 

 

初の福島競馬場に着いた感想としては、100周年とはいえ建物が新装されたばかりという事でとても綺麗でしたね!

箱の大きさは府中競馬場によく行っていた私からすると少し窮屈に感じましたが、逆に府中は広すぎて移動するのがとても大変なので、コンパクトにまとまっていて過ごしやすい所だなという印象を受けました。

あと、とにかく人が多くて多くてびっくりしました!

最初にパドックを見に行ったのですが、新馬戦前でまだ集会していないのにも関わらずこの人だかりw

 

 

 

 

府中でGⅠがある日なんかは良く見る光景ですが、重賞もない平場開催のみの日にここまでの人だかりはちょっと異常な光景でしたね。

しかも福島競馬場という事を考えると、オジュウチョウサンがどれだけ愛されているのかがよく分かりました!

また、パドックも室内で電光掲示板の下には行けないような作りになっているのも新鮮でしたね。

 

オジュウチョウサンがやってきた!

 

天気予報では小雨が降る様な予報でしたが、昼には雨も上がり気温も丁度良く過ごしやすい気候となり、外で競馬を観戦するのにとても良い条件が重なってくれて一安心。

オジュウチョウサンが出走する9Rまでは複勝でちまちまと遊びつつ、パドックの前で早めに待機していると、オジュウチョウサンがやってきました!

 

 

我ながら、後ろの「歴史をつくれ。」という文字を背景に写真を取れたことに満足w

というのは置いといて、パドックに入ってきた瞬間、周りからカメラのシャッター音がうるさいくらいに聞こえてきて、その堂々たる風格が一際目立っていましたね。

そこに武豊騎手が乗ると、もう周りのシャッター音が半端じゃないw

もちろん私もかなり写真を撮らせて頂きました!

 

 

ようやくパドックも終わり、馬券を購入しに行った訳ですが、とりあえずオジュウチョウサンの応援馬券だけは絶対買うと決めていたので、まずはそれを購入。

他には、本命の9番コンコルドから馬券を買って、まあ結果的には3着と頑張ってくれたのですが、それよりもオジュウチョウサンがどんな走りをするのかワクワク。

 

 

オジュウチョウサンのアイドルホースに応援馬券を乗せて、記念の一枚を撮影!

 

二刀流オジュウチョウサンの誕生

 

結果ですが、皆さんご存知のように圧巻の走りでした!

スタートをバッチリ決めて先行集団にとりつき、最終コーナーで早め先頭に立とうとする時の手応えの良さには鳥肌が立ちましたね!

そして、最後の直線ではもう観客全員が大歓声を上げての拍手喝采!

今まで何回もレースを見ていますが、普通は「差せーーー‼‼」「残せーーー‼‼」と罵声が響く競馬場w

こんなに皆から拍手喝采でゴールするレースは初めての体験でした。

いやー本当にこのレースを現地で観戦できて良かったと思いましたね。

1時間も駐車場を探したかいがありましたw

この馬券は宝物として保管しておきたいと思います!

 

ここでちょっとレースについての回顧をしておきたいかなと思うのですが、実際オジュウチョウサンが好走する条件が多く揃っていたレースなのかなというのは感じていて、長距離、スローペース、前残り馬場、重馬場という条件がプラスに働いた結果なのかなとは感じています。

上がり3F37秒台と上がりのかかるレースで、道中のラップが厳しくならなかったのが救いだったのかなと思います。

障害レースは大体13秒台でのレースラップを刻むことが多く、今回のレースラップも12秒台後半から13秒とかなり緩んだラップだったので、すんなり適応できたのかなとは思います。

ただ、それでも障害レースを長年走っていた馬がいきなり平地でも圧巻の走りを見せつける事ができたのは能力があっての事でしょうから、最終目標である有馬記念でも可能性が無いとは言い切れないかもしれませんね。

オーナーも今年は平地に専念すると宣言していますので、今からとても楽しみです!

 

さて、メインレースを前にしてある意味メインレースが終わった訳ですがw

馬券の収支的には福島競馬場の天気と同じで曇りという感じで、可もなく不可もなくといった所でしたね。

ただオジュウチョウサンを見れただけでも福島に来て良かったなと、心から感じています。

 

最後はラーメンで締め!たまたま寄ったラーメン屋がなんと!?

 

最終レースまで見届けるとお腹が空く良い時間になりまして、せっかく福島まで来たから美味しいラーメン屋にでも行きますか!という事で、ラーメン屋を調べてたのですが、福島の特徴なのか昼時の営業で閉店している店が多く、今の時間で行ける所ないかなーと探してたどり着いたのがここ!

 

 

「うろた」さんというラーメン屋にたどり着きました。

外見の見た目からもおしゃれなのが感じ取れますが、店内もラーメン屋というより洋風な感じのレイアウトでとても居心地が良いというのが第一印象でした。

 

 

 

と、ここで写真を撮っていて気付いたのですが、「うろた」さん、福島のラーメンwalker2018で1位に輝いていました!

まさかそんな有名なお店だとは知らず、とてもラッキーでした♪

ただ、残念だったのがメニューの2/3が売り切れとなっていた事ですかね・・・

まあそれだけの人気店という事でしょう!

ワクワクしながら頼んだラーメンがこちらです!

 

 

「醤油の純鶏ソバ」というメニューで、チャーシューと卵をトッピングしてあります。

スープの油が透き通っていて、味のベースは中華そばの様な醤油がベースなのですが、とても深い味わいとなっていて、懐かしい味のような気もするし、新しい味のような気もするし、とにかくさっぱりしていて美味しかったです!

チャーシューにもこだわっているようで、3種類くらいのチャーシューが入っており、とても柔らかく満足の一品でした”

いつもこってりのラーメンを食べる事が多いのですが、たまにはさっぱりとした上品なラーメンを食べるのも悪くないなと再認識しました!

 

以上、短いですが初の食レポでしたw

 

オジュウチョウサンを一目見れて良かった♪

 

今となっては競馬ファンで知らない人はいないであろうオジュウチョウサンを現地で見る事ができたのは、一生の思い出となりそうです。

今後は有馬記念を目指すわけですが、まあ現実的に考えて平地の一線級相手には分が悪いのかなという評価が妥当かとは思いますが、有馬記念はロマン馬券を買うレースと決めているので、是非とも出走してきてほしいですね!

今回はオジュウチョウサンに気を取られすぎて、あまり競馬場内を見る事ができていませんが、次行く機会があれば福島競馬場にしかない魅力をもっと感じたいなと思います。

 

最後に、福島競馬場に行く機会がある皆さんアドバイスです。

駐車場にだけは細心の注意を払うように気を付けて下さいw

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサードリンク