皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第85回 東京優駿(日本ダービー)の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

とうとうやってきました、競馬の祭典日本ダービー。

全てのホースマンが夢見る舞台で栄冠をつかむ馬はどの馬になるのでしょうか。

今年で平成30年を迎える訳ですが、最後の平成開催の日本ダービーという事で、歴史に残る名勝負が繰り広げられるような気がしてなりません。

競馬界の1年を締めくくる日本ダービー。

今年も熱いドラマが待ち受けているでしょう!

全力で楽しみたいと思います‼

 

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第85回 東京優駿(日本ダービー) 過去の傾向 

2018 第85回 東京優駿(日本ダービー) 血統分析 王道血統にスピードの血を掛け合わせた血統に注目!

2018 第85回 東京優駿(日本ダービー) 枠順発表後の全頭評価 Part1

2018 第85回 東京優駿(日本ダービー) 枠順発表後の全頭評価 Part2

 

 

スポンサーリンク

レース予想

本日の馬場傾向

本日の東京の芝の傾向を見てみると、全体的に上りがかかっているレースが多かったかなという気がしていて、最終レースは超がつくスローペースという事もあり早い上りになっていますが、それまでは早くても上り3F34秒台のレースになっていました。

脚質を見てみると、ほとんどのレースで逃げ馬が馬券に絡んでおり、勝ち馬はに関しては中団よりも前で競馬ができた馬でほぼ決まっていました。

今週からCコース変わりという事で、やはり内の前が有利という傾向が出ているように感じます。

タイムに関しては、究極の高速馬場とまではなっていないものの、スローのレースが多かったことを考えるとそれなりに速い馬場になっていると思われますので、少なくとも最終コーナーで一桁台の位置にはいないと頭までは届かないかもしれません。

血統面ではミスプロ系やサンデー系でも力のあるタイプの産駒が来ていたので、上がりがかかっていることからも若干力のいる馬場だったのかなと思います。

明日にはもう少し瞬発力が求められる馬場になっている可能性が高いと思いますので、馬場はしっかりとチェックですね。

 

レース展開

今回予想する上で非常に難しいと感じているのが、この展開予想です。

結局馬がどんな競馬が得意かという事を知っていても、その馬を操縦するのが人間なわけなので、当たり前ですがこの展開予想というのが非常に難しい。

ましてや誰もが勝ちたい日本ダービーですから、虚を突いた策に出る馬もいるかもしれませんし。

そして展開予想をさらに難しくさせているのが、明らかな逃げ馬不在のメンバーという点です。

除外対象になったアイトーンやケイティクレバーがいれば、皐月賞の様なハイペースになるのかなと予想できるのですが、今回出走しませんからね。

しかも逃げそうなサンリヴァルやジェネラーレウーノが外枠に行ってしまったので、正直先行争いが読みにくいです。

流石に昨年の様なドスローという事は無いと思うのですが、ダノンプレミアムにプレッシャーをかける為に、ある程度緩みのないレースになるんですかねー。

いずれにしても、最終コーナーをある程度前で競馬しないと今の馬場では届かないと思うので、基本的には中団より前で競馬できそうな馬を選ぶ必要があります。

後方からの馬であれば早めに仕掛けて長くいい脚を使えるタイプの馬を選ぶ必要があるかなと思います。

 

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

推奨馬

今年の日本ダービーは主役不在の混戦模様という事が言われておりますが、確かにどの馬にも不安が多くこれと言って推せる馬というのもちょっと少ないように感じています。

1番人気のダノンプレミアムは怪我明けの距離延長、2番人気のブラストワンピースは有力馬との初対戦、3番人気のキタノコマンドールはキャリア不足で調整が微妙と、不安要素を挙げればキリがありません。

しかも、4番人気以下の馬でも一発ありそうな馬が多く、下手したら上位人気馬全飛びなんてことも十分に考えられると思っています。

とは言っても、目移りしてしまってなかなか決められない・・・どうしたものかと悩んでいたのですが、考え方を変えてみたらすぐに本命が決まりました。

 

悩みに悩みついた結果、「どの馬がダービーを勝つか」ではなく、「どの馬がダービー馬に相応しいか」という考え方にシフトしてみました。

 

その結果がこちらです。

 

 

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

 

◎ダノンプレミアム

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

この馬の強さを一から説明する必要は無いと思いますが、とにかく今までの勝ち方が圧巻の一言です!

先行して速い上りが使えるという点で、現代の日本競馬に一番適している脚質を持っている馬と言っても過言ではないかもしれませんね。

ただ、能力は抜けて高いと言っても、正直ダービーへの舞台替わりでパフォーマンスを上げるとは思っていません。

距離も本質的には長いと思いますし、最高の枠ではありますが逆に標的にされやすくなったと言い換えることもできると思います。

怪我明けでいきなり適性外の距離延長ですから、息が持たずに馬群に沈んで行っても不思議ではないでしょう。

本来馬券妙味を考えるのであれば、押さえ評価にして馬券外に飛んでも大丈夫なように馬券を組み立てるべきだと思います。

 

しかし、どの馬がダービーを勝ちますか?と言われると、感覚的な話になってしまい申し訳ないのですが、他の馬は正直しっくりこないんですよね。

当初はワグネリアンで勝負するつもりでしたが、いくら情が働いても流石にこの枠では頭では買えません・・・。

オークスの時にも書いたのですが、クラシックと有馬記念に関しては好きな馬を買うというのが自分の中での決め事にしています。

 

平成最後の日本ダービー、強い馬が強い競馬をして勝つレースが見たいという一心から、ダノンプレミアムで勝負したいと思います!

ここを勝って、ディープインパクト産駒の最高傑作として歴史に名を刻んでもらいたいですね!

 

 

それでは今週も特注穴馬を挙げたいと思います。

今回はちょっと狙いたい穴馬が多すぎて悩むのですがw

せっかくのダービーなので2頭ご紹介したいと思います!

特注穴馬 最強競馬ブログランキングへ

 

皐月賞組と別路線組から一頭ずつ勝負になりそうな馬を挙げたので、是非参考にして見て下さい!

それでは、ダービーを楽しみましょう‼

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

今年のクラシックはどんなドラマが

待ち受けているのでしょうか。

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事