皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第79回 優駿牝馬(オークス)の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

今年も春のGⅠレースが終盤へ近づいており、とうとう3歳牝馬の女王を決める一戦、オークスが開催となります。

アーモンドアイやラッキーライラックを始め、今年も非常に優秀な牝馬たちが集まった一戦という事で、非常に楽しみな一戦となりそうです。

オークスの前哨戦である桜花賞では、圧倒的人気のラッキーライラックを大外から軽々と抜き去ったアーモンドアイが一際目立ったレースでしたが、果たしてオークスではどんなドラマが待っているのでしょうか。

オークス、ダービーと続く5月の今の時期は、全ての競馬に関わる人たちが熱くなる季節です。

ここ最近は懐は寒くなっていますが、心は熱く財布も厚くなるよう予想していきたいと思います!

 

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第79回 優駿牝馬(オークス) 過去の傾向 

2018 第79回 優駿牝馬(オークス) 血統分析 血統と適性距離は気にするべからず!

 

スポンサーリンク

レース予想

推奨馬

本日は時間の関係上、推奨馬のみとさせていただきます。

 

軽く本日の馬場傾向に触れておくと、基本的には外差しが決まる馬場であり、それなりに上がりのタイムも早いです。

しかし、レース時計としてはそこまで高速馬場という感じはしておらず、例年通りの差しが届き始める馬場になってきたという所でしょうか。

 

馬場を踏まえて上位人気馬を考えると、正直アーモンドアイでしょうがないかなという気もしています。

桜花賞でのパフォーマンスは圧巻の一言で、ラッキーライラックが早めに抜け出したとはいえ、並ぶ間もなく差し切ったのはかなり強い競馬でした。

アーモンドアイに関しては距離云々の話が多くされておりますが、個人的にはオークスで距離適性というのは重要ではないと思っていて、それよりも折り合いがつくかどうかを重要視するべきだと考えています。

その点、アーモンドアイはレース中でも追いきりでもしっかりと折り合いをつけて走っていますし、ここで圧倒的1番人気に支持されるのも当然と言えば当然かなと。

 

正直、今回のレースではアーモンドアイ、ラッキーライラックをどのようにして買うかが一番のポイントだと思っていて、個人的にはこの2頭が大崩れする展開というのはまず無いと予想しています。

桜花賞までは阪神ジュベナイルフィリーズ組が抜けて強いという評価で、チューリップ賞もそのままの通りで決まったのですが、桜花賞で別路線組のアーモンドアイが名乗りを上げた事で、さらに人気薄の馬の台頭というのが現実的ではなくなっている印象です。

フローラS組からはサトノワルキューレが名乗りを上げてきていますが、流石にこの2頭を負かすイメージは湧きませんし、それでいて人気もしていますから、ちょっとここでは軽視したいと考えています。

 

まとめると、今回のレースはアーモンドアイとラッキーライラックの一騎打ちであろうと考えていますので、この頂上決戦をどちらの馬が制するのかというのを踏まえた上で、推奨馬を挙げたいと思います。

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

 

◎ラッキーライラック

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、まず枠が最高な所に入った事と、この馬自身マイルよりも中距離の方がパフォーマンスを挙げてくるであろうと考えているからです。

元々、阪神ジュベナイルフィリーズの辺りからオークス向きの馬と言われていた馬であり、陣営もようやく長い距離を使う事ができるというコメントを残しているくらいですから、血統的にも今回の距離延長はプラスに働くでしょう。

アーモンドアイに関しては、この距離でも同世代同士であれば問題ないと思いますが、この距離延長がプラスには働かないと思います。

そこの違いで前走の着差を縮めてくれるのではないかなという考えで、こちらを上位に取りました。

ただ、今の差し馬場を見ると正直勝ち切る所までは厳しいかな?と考えてしまっているのも事実ですが、オークスとダービーに関しては応援したい馬を買うべきだと思っています。

本当は予想に情は入れない方がいいのはもちろん分かっているのですが、”競馬はロマン”という言葉に倣って、クラシックに関しては好きな馬を買って応援するべきだというのが個人的な意見です。

ラッキーライラックは阪神ジュベナイルフィリーズの時に推奨馬に挙げて見事勝ってくれた馬なのですが、この時から来年のオークスはこの馬で勝負すると決めていました。

石橋騎手のクラシック制覇を是非とも見届けたいです。

という事で、初志貫徹の心を忘れずにこの馬で勝負したいと思います!

 

それでは今週も特注穴馬を挙げたいと思います。

個人的には桜花賞組の人気薄からの巻き返しは厳しいと思っているので、別路線組からこの馬を選びました。

 

特注穴馬 最強競馬ブログランキングへ

 

 

 

是非参考にして見て下さい!

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

今年のクラシックはどんなドラマが

待ち受けているのでしょうか。

 

このブログをまた見たいと感じて

くれた方は、是非ともクリック

お願い致します!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサードリンク