皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第13回 ヴィクトリアマイルの血統分析をお届けしたいと思います。

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第13回 ヴィクトリアマイル 過去の傾向 今年も大荒れ必須?

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

スプリント適性の高いダンチヒ系、ヴァイスリージェント系、マッチェム系、タイキシャトル、プリンスリーギフトの血を持つ馬。

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

アエロリット

エテルナミノル

カワキタエンカ

ソウルスターリング

デンコウアンジュ

ミスパンテール

メイズオブオナー

ラビットラン

リエノテソーロ

レーヌミノル

レッドアヴァンセ

 

 

 

以上の馬には要注目です!

 

スプリント血統が穴を開けるレース

ヴィクトリアマイルで毎回同じように穴を開けているのが、中段より前目で競馬をして直線も早い上りが使えるタイプです。

馬場の傾向で言うと、ヴィクトリアマイルの週はコースがBコースに変わるというのと、この時期は高速馬場になっていることが多く、ある程度前でスピードに乗れる馬が有利です。

しかも、ヴィクトリアマイルは牝馬限定戦という事もあって、前半のレースラップが緩やかであり、後傾ラップの上がり勝負になる事も特徴の一つです。

この馬場傾向とレースラップを合わせると、前残りの大波乱というレースが度々起きてしまいます。

では、なぜスプリント血統が良いかと言うと、昨年の重馬場開催を除くと決着タイムは1分32秒前後という高速決着になる事が多いです。

これは馬場状態が良い事が一番の要因だと思うのですが、ここまで速い決着になるとスピード能力や持ちタイムという所が重要なポイントになってきます。

また、穴馬券が出やすい理由の一つとして、牝馬限定戦のGⅠがここしかないという点です。

昨年から大阪杯がGⅠになった事で多少傾向は変わっているのかもしれませんが、今回の出走馬を見ても牝馬の有力所が勢揃いしていると思いますので、やはりこの傾向はまだ続いているのでしょう。

ベストは中長距離路線の有力馬が、牡馬と比較すると能力が一枚足らないからここに出走するという馬が多いのも穴馬が好走する一つの要因だと考えています。

 

血統を踏まえて現段階で気になっている穴馬をランキングの方に掲載しておきますので、気になる方はぜひクリックお願いします!最強競馬ブログランキングへ

 

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

とうとう今年も春のGⅠ祭りが開催!

より有益な情報をお届けする為にも、

皆さんの応援クリックが糧となります!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサードリンク