皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第15回 福島牝馬Sの血統分析をお届けしたいと思います。

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

父か母父が欧州型ノーザンダンサー系、ロベルト系、グレイソブリン系

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

父か母父が欧州型ノーザンダンサー系、ロベルト系、グレイソブリン系

エンジェルフェイス

キンショーユキヒメ

ゲッカコウ

シャララ

デルマサリーチャン

デンコウアンジュ

レイホーロマンス

ロッカフラベイビー

 

以上の馬には要注目です!

 

福島は中山適性の高い馬を狙え!

 

福島のコース形態を見てみると、直線の短い小回りコースで緩やかではあるが直線に上り坂があるという点で、中山競馬場と似ている舞台という事が分かると思います。

特に直線の短い小回りコースという点がミソで、日本の競馬はディープ産駒を始めとしたサンデー系の瞬発力が求められるレースが主流である為、東京や京都などで好走していた馬が福島に来て瞬発力を活かせずに惨敗するというのをよく見かけます。

ただ、最近は馬場が傷まないようにする工夫が施されるようになって来たことによって、ディープ産駒の成績も上がってきているのにも注目ですね!

詳しく紐解いてみると、父はディープでも母父ロベルト系グレイソブリン系といった持続力に長けている血統が入っていることが多く、パワーよりのサンデー系の馬であれば軽視するのは危険でしょう。

 

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

とうとう今年も春のGⅠ祭りが開催!

より有益な情報をお届けする為にも、

皆さんの応援クリックが糧となります!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサードリンク