皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第78回 皐月賞の推奨馬をお届けしたいと思います。

 

牡馬クラシック第一弾である皐月賞が開催となり、唯一の無敗馬ダノンプレミアムが不在となった事で混戦模様の様相を呈していますね。

弥生賞が終わった時の大方の予想では、皐月賞はダノンプレミアムでしょうがないという見解だったと思うのですが、ダノンプレミアムが出走できないという事に加えて春の嵐が来るかもしれないという予想外の展開になりました。

皐月賞は「一番早い馬が勝つ」と言われているレースですが、果たしてどの馬が最初の冠を手にするのでしょうか。

 

 

現在7週連続的中なので、この調子で当て続けていきたいですね!

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第78回 皐月賞 過去の傾向 ハイペース×中山最終週=差し馬有利?

2018 第78回 皐月賞 血統分析 改修後の中山は○○と○○の独壇場!

2018 第78回 皐月賞 枠順発表後の有力馬紹介 

 

スポンサーリンク

レース予想

本日の馬場傾向

本日の中山の馬場傾向ですが、先週の傾向を引き継いで外差し優勢の馬場となっており、レースが進むにつれてその傾向はより強くなっていました。

見た目にも内の馬場は荒れてきているように感じますし、直線の伸びも内よりも外の方が間違いなく伸びていたと思います。

現に勝ち馬はほとんど差し馬で、ドスローだった未勝利戦の芝2000mを除けば勝ち馬は10番手辺りから差してきた馬で決まっていました。

上がりタイムは平均で34秒前半となっており、昨年の皐月賞前日の馬場と比べると若干上りのタイムはかかっているのかなと感じます。

まあそこまで差はありませんが、あくまでもこの馬場は今日の馬場であって、雨予報の明日にはそのような馬場になっているか分かりません。

夕方辺りから関東はちらちらと小雨が降ってきましたが、どの程度雨が降るかは神のみぞ知るですからね。

内の馬場が先に渇いて内有利の馬場になっている可能性もありますので、明日の馬場は要チェックです。

 

 

 

レース展開

レース展開も予想しにくい所でして、前走先行している馬が16頭中8頭いて、逃げ馬はその中に3頭いる様に、前に行きたい馬が非常に多いのが見て取れます。

ただ、それは騎手や陣営も分かっている事であり、エポカドーロやアイトーンの陣営が逃げ宣言をしているのが本当なのかな?と疑ってしまいます。

若駒戦なので気持ちよくハナを切って走らないとダメなタイプの馬も多いと思うので、スローの展開というのは考えにくいです。

しかし、逃げ馬が後続を離して速いペースで逃げただけで、後続の馬達はゆったりとした流れで競馬をしているという展開も馬場を考えれば十分に考えられるので、展開読みが難しいですね。

やはり明日の馬場状態が何よりも重要な予想ファクターとなりそうです。

 

推奨馬

 

ダノンプレミアムの回避と天気の影響で非常に分かりにくくなった皐月賞ですが・・・

昨年からクラシックはこの馬と心中すると決めていました。

仮にダノンプレミアムが出走していたとしても、やはりこの馬を推奨馬にしていたと思います。

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎ワグネリアン

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

昨年の東スポ2歳Sを勝った時からこの馬でクラシックは心中すると決めていました。

正直この馬にとって1枠2番は良い枠ではない事は確かですし、瞬発力を活かした競馬が持ち味なので、馬場が悪化しそうな明日の馬場も合わないかもしてません。

しかし、そんな不安要素を吹き飛ばすくらいの能力がこの馬にはあると思っていて、まず新馬戦で出した中京芝最速上がりの32.6の末脚、次走の野路菊Sでは道悪の中で余裕で差し切っており、東スポ杯2歳Sでも早い流れの中で圧勝と、とにかく2歳戦の時のパフォーマンスが圧巻でした。

弥生賞は負けたものの、スローの前残りの馬場で中団から上り最速で迫ってきたという点で、皐月賞の速い流れであれば十分差し届く可能性はあるだろうと考えていました。

あとは、昨年からこの馬で心中すると決めた理由の一つとして、福永騎手に皐月賞、ダービーという2大クラシックを取ってもらいたいという気持ちが強かったですね。

そう考えていた時にダノンプレミアムが回避となってしまい、これは圧倒的1番人気になってしまうのかなーと考えていたのですが、蓋を開けてみれば1番人気ではありますけど3倍は付きそうなオッズで推移しているので、これならば買う価値は十分にあるだろうと考えています。

やっぱり、内枠の差し馬で福永騎手で重馬場で・・・と不安要素がいくつも出てくる馬でもあるので、詰まってどこにもいないという事もあり得なくはないですが、想定した結果で一番最悪なのが昨年から考えていたのにここで推奨馬を外して勝たれてしまった時の自己嫌悪感というのは計り知れないなと思ったので、想定よりオッズもついていますしこの馬で皐月賞、ダービーと戦っていきたいと思います!

 

ではGⅠなので今週も特注穴馬を挙げたいと思います。

今回は重馬場になった時に非常に狙いたい馬と、良でも重でも相手には入れておきたい馬の2頭をご紹介したいと思います。

 

 

特注穴馬 最強競馬ブログランキングへ

 

 

 

 

是非参考にして見て下さい!

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

とうとう今年も春のGⅠ祭りが開催!

より有益な情報をお届けする為にも、

皆さんの応援クリックが糧となります!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサードリンク