皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第78回 皐月賞の血統分析をお届けしたいと思います。

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いる可能性が非常に高いので、ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第78回 皐月賞 過去の傾向 ハイペース×中山最終週=差し馬有利?

 

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

 

改修後はディープ、キングマンボ系の独壇場!

母系に持続力型の血(ノーザンダンサー系やナスルーラ系など)

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

ディープ、キングマンボ系

 

 

アイトーン(父キングズベスト)

キタノコマンドール(父ディープインパクト)

サンリヴァル(父ルーラーシップ)

ステルヴィオ(父ロードカナロア)

ワグネリアン(父ディープインパクト)

 

母系に持続力型の血

 

オウケンムーン(ノーザンダンサー系)

グレイル(ダンチヒ系)

ジェネラーレウーノ(ダンチヒ系)

ジュンヴァルロ(ダンチヒ系)

ステルヴィオ(ノーザンダンサー系)

タイムフライヤー(ロベルト系)

マイネルファンロン(ロベルト系)

 

 

以上の馬には要注目です!

 

馬場改修後は中山でもスピードが求められる馬場に

中山と言えば直線が短く急坂もあるのでパワーや持続力が求められるコースなのですが、2014年の馬場改修後はスピードが求められる馬場へと変化しており、皐月賞の傾向はガラッと変わりました。

2015年はキンカメ産駒のドゥラメンテが1着、ディープ産駒のリアルスティールが2着

2016年は1~3着までディープ産駒で独占

2017年はディープ産駒のアルアインが1着、ルーラーシップ産駒のダンビュライトが3着と

馬場改修後は間違いなくスピードが求められるレースとなっていることが分かります。

また、皐月賞は例年超高速決着となる事が多く、前半1000mを60秒切ってくる事が当たり前くらいの勢いでハイペースになりやすいので、スピードもありつつ持続力も兼ね備えている馬を選ぶ必要があるのかなと思います。

馬場改修後の勝ち馬3頭の母系の血統を見てみると、

ドゥラメンテは母母がエアグルーヴでトニービンの血

ディーマジェスティは母父がロベルト系のブライアンズタイム、母母父がサドラーズウェルズ

アルアインは母父がスピードの持続力に長けたA.P. Indy系

以上の様に、皐月賞で好走するには母系に持続力勝負に長けた血統が入っている事にも注目が必要ですね。

 

血統だけを見た上で気になる馬をランキングページに掲載したいと思いますので、気になる方は是非ご覧下さい!

血統評価で個人的に気になる馬→最強競馬ブログランキングへ

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

とうとう今年も春のGⅠ祭りが開催!

より有益な情報をお届けする為にも、

皆さんの応援クリックが糧となります!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサードリンク