皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第78回 桜花賞の枠順発表後の有力馬紹介をお届けしたいと思います。

クラシックという事で枠順が本日木曜に発表だった訳ですが、まさかのラッキーライラックが最内枠を引いてしまったという事がまず一番の考察ポイントになるのではないでしょうか。

少なくとも大きなプラスとは言えない枠順だとは思いますが、果たしてラッキーなのか?アンラッキーなのか?考察していきたいと思います。

後は、金曜日に雨が降るみたいなので、重い馬場の適性なども含めて見ていきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第78回 桜花賞 過去の傾向 とにかく上がりの脚に注目!

2018 第78回 桜花賞 血統分析 ディープ産駒の取捨選択が肝!

 

スポンサーリンク

有力馬紹介

 

ラッキーライラック

前走:チューリップ賞1着

皆さんご存知、只今4戦4勝の最強馬ラッキーライラックです。

昨年の阪神JFを勝利し、前走のチューリップ賞も圧勝と、間違いなく桜花賞でも最有力候補の一頭です。

オルフェーヴルの初年度産駒からいきなりGⅠ馬を輩出となり、陣営としてもこの馬に対する期待は非常に大きいのだろうと思うのですが、なんと今回1枠1番と最内枠を引いてしまいました。

コースの特性や過去の傾向でも完全に外枠が有利なレースになりやすいので、最内はあまり喜ばしい枠ではありませんね。

思い出すのは一昨年の桜花賞で、単勝1.5倍の一番人気に推されたメジャーエンブレムが最内枠で直線詰まって届かず4着というまさかのレースがあっただけに、このレースでの内枠というのは不安が大きいです。

ではラッキーライラックはどうなのかなと考えると、スタート自体は悪い馬ではないので、うまくスタート決めてポジションを取れれば、逆にプラスに働くことも考えられます。

そう言ってメジャーエンブレムは沈んで行ったんですけどねw

重馬場に関しては父オルフェーヴル母父フォーティナイナー系という事で、こなせるだけのパワーは十分にあると思いますので、逆に恵みの雨になる可能性も考えられます。

逆に重馬場で内を避けてレースが進む様であれば抜け出しやすくなってレースはしやすいのかもしれませんね。

正直な所、間違いなく人気はするでしょうから、最終決断はオッズと馬場次第という所かなと思います

 

リバティハイツ

前走:フィリーズレビュー1着

前走は前半3F33.7と1400mのレースにしては超ハイペースのレースになり、中団辺りから差し切ったこの馬に展開が向いたのは否めませんね。

血統を見てもミスプロとノーザンダンサーのクロスという短距離もしくはダートで活躍しそうな血統背景をしているので、正直桜花賞ではレース適性も能力も足らないという評価をしています。

今回の出走メンバーを見ても、前走の様なハイペースというのは考えにくいですし、ここでは一枚足らないと思います。

 

アンコールプリュ

前走:フィリーズレビュー2着

この馬は前走ほぼ最後方から上り最速を使って惜しくも2着に負けてしまった馬ですが、父ディープに母父ウイニングチケットという事で、スピードの持続力勝負に強いタイプの馬なのかなという印象です。

1400mよりはマイルの方が合っているとは思うのですが、ほぼ最後方からの競馬をするこの馬にとってこの枠はプラスとは言えないのかなと思います。

脚質と上がりの脚は面白いと思うので、ヒモには押さえておいても良いかもしれませんね。

 

トーセンブレス

前走:フラワーカップ2着

人気薄ではありますが、ディープ産駒の中では一番注目している馬でして、何と言っても新馬戦での豪脚が今でも忘れられません。

中山で稍重でスローの前残り展開の中、2着のプリモシーンが上がり35.8で粘り切ろうとする所を最後方から上り最速の34.0の脚で吹っ飛んできたあのレースは本当にインパクトが強かったです。

そこからはなかなか結果が出ていないですが、毎回惜しい所まで来てますし、前走も前残りのレースにも関わらず後ろから飛んできての2着でしたので、流れが向けばここでも一発あっても不思議ではないと思っています。

母父は欧州のノーザンダンサー系で重馬場は得意でしょうから、馬場が渋って前の馬にしんどい流れになった時は十分チャンスはある馬ですね。

欲を言えばもう少し外枠が良かったですが、善臣先生がそこは上手く捌いてくれるでしょう!

 

リリーノーブル

前走:チューリップ賞3着

この馬は新馬、500万と連勝して中一週の強行軍で阪神JFを2着と、ポテンシャルの高さを見せつけてくれました。

前走は賞金に余裕があったという事もあり、余裕残しの仕上げでレースでも直線そこまで追われていないと思うので、今回の上積みは十分にあると思います。

鞍上が最近好調の川田騎手というのも強い味方ですね!

しかも、この馬に関しては馬場が渋った方がポテンシャルは高くなるだろうなと思っていて、父ルーラーシップに母父クロフネなので、キレッキレの上がりが求められる馬場よりも力が求められる馬場の方がいい走りができると思うので、馬場の渋り具合で評価を大きく変えたい一頭です。

 

 

デルニエオール

前走:フィリーズレビュー3着

この馬は戦績だけ見ればちょっと足りない馬なのですが、血統が父ステイゴールド、母父メジロマックイーンという黄金配合の馬になります。

実はこの馬はオルフェーブルの全妹に当たる馬でして、その馬に池添騎手が騎乗するというだけで個人的には買いたくなってしまいますw

まあ積極的に買う要素というのはそこまで見当たらないのですが、池添騎手に手が戻る今回、昨年レーヌミノルで桜花賞を制した池添騎手ならばなんとかしてくれるという何の根拠もない理由ではありますが、買い目にはちょこっと入れておきたいと思いますw

 

アーモンドアイ

前走:シンザン記念1着

この馬の評価が難しい所でして、まずラッキーライラックとは別路線組で強い勝ち方をしてきた馬です。

前走は牡馬交じりのシンザン記念で余裕の差し切り勝ちと、見た目のインパクトは非常に強かったです。

しかし、シンザン記念で負かした馬達が正直そこまで強い馬ではないという点と、見た目は非常に強い勝ち方でしたが、詳しくデータを見てみると前半のペースが13秒台もあるくらいのスローペースで流れており、スローの上がり勝負で勝ったという所が何とも言えない所ですね。

基本的にはキレッキレの上がりを使えるタイプではないでしょうし、坂のあるコースを走ったことが無いという点もマイナスですね。

まだ底を見せていないという点と、シンザン記念で好走した牝馬はクラシックでも通用しているという部分でも軽視はできませんが、外枠とルメール騎手騎乗という事で人気しそうなので、そこまで積極的に買いたいという馬ではないです。

 

プリモシーン

前走:フェアリーS1着

この馬は中団から速い上りが使えるタイプの馬で、戦績だけ見ればまだ底を見せていない所が面白そうな感じはしますが、いかんせんフェアリーS組のレベルが低いので、正直評価しにくい馬です。

血統的にはこの舞台にも合っていると思いますし、外枠に入ったことで軽視はできないのですが、それでも能力的に足りるかどうかは何とも言えない所ですね。

相手には入れておきたい一頭ですが、積極的に変える要素はそこまでないかなと思います。

 

フィニフティ

前走:クイーンカップ2着

この馬は前走血統面で期待していた馬なので、このレースはよく覚えているのですが、前有利の馬場で速いラップを刻んだテトラドラクマが残るような展開の中、中団から差してあわや1着というレースでした。

まだ2走しか走っていないという未知の能力に期待するところはもちろんありますし、血統面でもプラスだと思うのですが、いかんせん早い上りを使ったレースがまだないんですよね。

このメンバーだと上がりのスピードは劣ると思うので、瞬発力勝負になってしまうと分が悪いとは思うのですが、まだ走って無いだけで本当は速い上りも使えるのかもしれないので、評価は必要だと思います。

 

マウレア

前走:チューリップ賞2着

この馬の判断もちょっと難しい所でして、阪神JF、チューリップ賞と馬券内に絡んできている馬なので、他馬と比較しても能力が高いのは間違いないのですが、あのクイーンカップの負けが余計なんですよねー。

本当ならばそこで賞金加算して出走を決めたかったはずだと思うのですが、負けてしまったのでチューリップ賞に出走しなければいけなくなってしまい、しかも権利を取るためにある程度仕上げなければいけなかったという点が引っ掛かります。

今は栗東で調整を行っているようなので、輸送による影響などは無いにしても、果たして状態が保てているのかどうかが気になりますね。

全姉がアユサンで桜花賞を制している訳なので、ここでも期待できる一頭であることは間違いないと思います。

鞍上も武豊騎手が継続騎乗なので、前走の様なレースにはならないと思いますし、上位評価は必要だとは思うのですが、頭までと考えると少し考える必要がありますね。

 

以上有力馬10頭の紹介をしてきました。

ある程度外目に有力所が固まった事と、ラッキーライラックが最内枠に入ったことによって、色々と予想が変わった方も多いかもしれませんね。

後は明日の雨の影響がどの程度残るのかによって本命は決定したいと思いますので、お楽しみに。

 

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

とうとう今年も春のGⅠ祭りが開催!

より有益な情報をお届けする為にも、

皆さんの応援クリックが糧となります!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサードリンク