皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第62回 大阪杯の有力馬紹介をお届けしたいと思います。

昨年からGⅠ昇格となった大阪杯ですが、今年も豪華メンバーの揃った非常に面白い一戦となりそうです。

その中でもやはり中心に見ていかなければいけないのが、強い4歳世代が揃った点ですね!

昨年のダービー2着のスワーヴリチャードや皐月賞馬のアルアイン、古馬混合のマイルCSを制したペルシアンナイトと昨年のクラシックを賑わせてきた馬が古馬のGⅠ制覇に挑む事になります。

しかし、古馬もキタサンブラックを倒してきたサトノダイヤモンド、シュヴァルグランなどのGⅠ馬が揃っていますので、世代の比較をする上でも重要な一戦になる事間違いなしですね♪

さらに今週はドバイワールドカップも開催となっており、競馬ファンには堪らない週末となりそうです!

 

そんな最高の週末を過ごす為にも、ビシッと的中させていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します。

ちなみにですが、あまり意識していなかったのですが現在5週連続的中となっており、単複の回収率も2~300%は超えていると思いますので、この調子で春のGⅠ戦線を乗り切っていきたいと思います!

それでは独断と偏見で抽出した有力馬を紹介していきたいと思います。

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第62回 大阪杯 過去の傾向 阪神芝2000mはディープ産駒の庭?

2018 第62回 大阪杯 血統分析 日本を代表する二大血統に注目!

 

スポンサーリンク

有力馬紹介

アルアイン

前走:京都記念2着

前走は雨による重い馬場で力を求められる馬場の中、大外枠から直線も外を回っての2着という結果でしたが、内容的には十分評価に値する走りだったと思います。

元々、皐月賞の様な高速馬場で結果が出せるようなスピードタイプの馬なので、パワーが求められる重い馬場というのは向いてはいませんし、2200mも適距離とは言えないと思います。

今回距離短縮で阪神内回りの舞台替わりで間違いなくパフォーマンスは上がりますし、この馬自身阪神は2戦2勝なので、前走以上の走りは見込めるはずです。

血統面でもこの舞台に適していますし、非常に注目している一頭です。

また、特に推したい点が一つありまして、直近2年の大阪杯は速いタイムでの決着となっていて、先行できる脚質も求められています。

今開催の阪神の馬場は芝が良く生い茂っており、今週は気温も上がり晴れが続くという事で、高速馬場になる可能性が高いと思っています。

そうすると、持ちタイムが重要となってくるのですが、アルアインは超高速決着となった皐月賞の勝ち馬ですので、持ちタイムに関しては何も言う事はありませんよね。

先行できる脚質もあり、川田騎手の継続騎乗という事で、重い印は必須だと思っています!

 

ウインブライト

前走:中山記念1着

ウインブライトは前走で本命に推して的中したレースなので、特徴はよく理解しているつもりなのですが、この馬は速いラップでの持続力が問われるレースだと能力が発揮できる馬なので、今回のレースでも能力は発揮できるのではないかと思います。

前走はマルターズアポジーが得意の高速ラップで逃げる展開の中、最後の直線で好位差しを決めての勝利でした。

アエロリットやペルシアンナイトなど、GⅠ馬がいる中での勝利という点では評価できると思うのですが、開幕週の中山で前残りの馬場だった事と、中山金杯を使って他の休み明けの馬達よりも走れる状態にあった事を考えると、今回のメンツで重い印をつける所までは至らないかもしれませんね。

斤量も1kg増でのレースとなりますので、内枠を引いてすんなり行ければ馬券に絡む可能性はありますが、流石に頭までは難しいのかなという印象です。

 

 

ゴールドアクター

前走:AJCC11着

3年前の有馬記念を制しており、昨年の宝塚記念を2着している所を見ると実績だけで言えば5本の指に入ると思うのですが、前走の走りは正直不甲斐ないレースだったと思います。

それもそのはず、脚部不安?か何かで昨年の宝塚記念からの休養明けとなるレースだったという事と、状態も整っていない中での出走だったので、まだ完全に見限るのは早いような気がします。

とは言っても、もう7歳ですから大きな上積みはそこまで見込めないと思うので、追い切りを確認して復調気配が感じ取れるのであれば馬券の相手に入れても良いかな?というレベルだと思います。

2000mというのも適距離とは思いませんが、この馬が気になる方は追い切りは要チェックですね。

 

 

サトノダイヤモンド

前走:金鯱賞3着

菊花賞、有馬記念とGⅠを2連勝して、サトノの呪いを解き放った日本を代表する馬ですが、満を持して挑んだ凱旋門賞では大敗してしまい、状態面、メンタル面を心配する声がとても多かったのですが、前走の金鯱賞で復活の気配を見せてくれました。

前が有利な馬場でドスローで流れた中、外を回って上り最速の脚で追い込んでの3着なので、海外帰りの前哨戦という事を考えれば及第点の内容だったのではないでしょうか。

3歳時からとても好きな馬なので個人的には思い入れが他の馬よりも強いのですが、自分の気持ちを抑えて冷静に判断したいと思います。

大阪杯の舞台は若干距離は短い可能性はあるかなと思いますが、この馬も皐月賞でハイペースの中3着ですから、全然向かないとも感じないですね。

この馬の長所は自在の脚質と総合的な能力が高いという点なので、正直どんな競馬でもこなしてしまうような気がしています。

もちろん、馬の能力を見れば上位評価はするべきなのですが、どうしてもGⅠの戸崎騎手というのが引っ掛かってしまうんですよねー。

フェアプレーがモットーの騎手なので、もちろん批判している訳ではないのですが、大外ぶん回しての届かず掲示板までという展開も十分に考えうるので、オッズ次第ですが評価が分かれる馬なのかなと思います。

 

 

シュヴァルグラン

前走:有馬記念3着

有馬記念からの休み明け初戦となるのですが、流石にここを狙って来ているローテではないのは間違いないです。

昨年はキタサンブラックが大阪杯→天皇賞・春というローテで結果を残しましたが、キタサンブラックに関しては別格と考えた方が良いでしょう。

シュヴァルグランには2000mは短いでしょうし、次が目標という事を考えれば、流石にここで勝ち負けまでは難しいんじゃないかなーというのが私の評価です。

また、ハーツクライ産駒の右回りのGⅠ成績がボロボロですし、タイムフライヤーがホープフルS勝つまで未勝利でしたからね。

オッズ次第では消しでも良いかもしれませんね。

 

 

スワーヴリチャード

前走:金鯱賞1着

この馬の判断が大阪杯を予想する上で一番重要になると思うのですが、昨年のダービー2着馬であり、有馬記念では僅差の4着と成長著しい馬なのですが、色々な所で言われている通り右回りでパフォーマンスが落ちてしまうのです。

手前を変えるのが下手という話もありますし、ハーツクライ産駒ですから直線が短いコースは持ち味が十分に発揮できないのでしょう。

先行できる脚質も手に入れてすんなり勝ってしまう可能性はありますが、速いラップのレースが得意とも思わないので、個人的には頭で狙う事は無いのかなーと考えています。

シュヴァルグランについても言える事なのですが、昨年の有馬記念で好走している2頭ですが、レース全体を見てみるとそこまで評価できる様なレースではないと思っていて、キタサンブラックの作る緩い流れのペースを追走しての結果なので、タイム的にもメンバー的にも物足りないレースという印象です。

 

[the_ad id=”270″]

ダンビュライト

前走:AJCC1着

勝ち星こそ少ないものの、昨年のクラシックは全て出走しそこまで大きく負ける事は無かったので善戦マン的な評価でいましたが、前走は楽な手ごたえで重賞制覇しました。

とは言っても前有利の展開でしたので、2番手で追走していたこの馬に展開が向いたというのは間違いないです。

今回のレースでどうなのかというと、皐月賞で3着になっていることからも、前で粘り込むレースでは能力を発揮できるのだと思います。

キンカメの血を引いているルーラーシップ産駒なので、古馬になって急激に成長する可能性は否定できませんので、人気はありませんがちょっと気になっている一頭です。

ただ、鞍上がM.デムーロ騎手から浜中騎手への乗り替わりというのはプラスには働かないと思うのでそこは割引が必要ですが、馬券内に残っても何ら不思議はないと思います。

 

 

トリオンフ

前走:小倉大賞典1着

今回の出走馬の中で一番不気味な馬はこの馬ですかねw

元々能力を評価されていた馬みたいですが、気性が荒すぎて結果が残せず、3歳という若さでセン馬となった馬なのですが、それから破竹の勢いで重賞制覇までしてしまいました。

出走メンバー中、一番の上がり馬なのは間違いないのですが、斤量3kg増で超相手強化のここで戦えるだけの能力があるのかと言われると難しいですよね。

小倉、京都で良績を残していることからも阪神の坂が気になる所ではありますし、余裕があれば相手で押さえようかなと考える程度の評価でしょうか。

ただ、勝ちっぷりや前で競馬ができる脚質は適していると思うので、多少注意は必要ですかね。

 

 

ペルシアンナイト

前走:中山記念5着

昨年のマイルCSでは古馬との斤量差が1kgしかなく、大外からの競馬だったのにも関わらず、まとめて差し切ってしまった豪脚はいまでも良く覚えているのですが、あの時はM.デムーロ騎手が確変状態に入っていたので、その辺りも多少は割引が必要かもしれません。

この馬の適距離はマイルなのは間違いないと思うのですが、陣営としては2000mも勝利して種牡馬価値を高めたいという事らしいので、今後は中距離路線で戦っていく事になるんですかね?

前走に関しては前残りの馬場だったのでそこまで悲観する内容ではないのですが、いかんせん脚質が後ろから過ぎるのでが不安ですよね。

皐月賞の様な道中前に上がっていく騎乗ができれば面白いと思うのですが、鞍上が福永騎手に変わるので、そこまで自分から積極的に仕掛けていくとは考えにくいですね。

頭まではどうかなと思いますが、展開次第では後ろから飛んでくる可能性も十分にあると思うので、人気落ちの今回は相手に入れておきたい一頭です。

 

 

ミッキースワロー

前走:AJCC2着

また判断が難しい馬が出てきましたねw

個人的には結構好きな馬でして、中団辺りから捲っていく事ができる脚質を持っているので、そこまで展開に左右されにくいのかなと思うのですが、今までスローからの上がり勝負で結果を残していることが多いので、速いラップになった時にどこまで対応できるかが気になる点ですね。

3歳時には前哨戦とはいえアルアインに勝利している馬ですし、中山の急坂を走れるのであれば阪神も問題ないと思うので、注目している一頭ではあります。

ただ、ポツンだけが非常に怖いですねw

 

 

ヤマカツエース

前走:金鯱賞4着

昨年の大阪杯で3着に入った馬なのですが、1,2着に前で競馬をした2頭がいる中で、外枠かつ後ろからの競馬をしての3着なので、強い競馬をしたのはヤマカツエースなのかなと考えております。

2000mという距離は適正距離ですし、前走は+12kgという過去最高馬体重の余裕残しで調整してきているので、ここは勝負に来ていると見ても良いかもしれませんね。

6歳馬であり、ここ最近の成績を見ると人気も落ちるでしょうから、個人的には馬券相手には必ず入れたい一頭という評価をしています。

後は、GⅠの池添騎手は人気が無くても必ず馬券相手に入れるようにしているので、ここで一発穴を開けてくれるのを期待しています。

 

以上有力馬11頭の評価をしてきましたが、結構人気薄で買てみたい馬がちらほらいたので、レース的にも馬券的にも面白い一戦になりそうな気がしています。

現在の予想オッズを見ていると3強となっていますが、レース振りを考えるとこの3頭で決まる事は多分ないと思っているので、多少なりとも荒れる要素はあるのかなという予感がしますね。

是非参考にして見て下さい!

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

とうとう今年も春のGⅠ祭りが開催!

より有益な情報をお届けする為にも、

皆さんの応援クリックが糧となります!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事