皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第25回 チューリップ賞の推奨馬をお届けしたいと思います。

桜花賞へ向けて一番重要なトライアルレースであるチューリップ賞が開催という事で、今年もこの時期がやってきたなーとしみじみと感じる所ですね。

思い出すと、2年前このレースに出走していたシンハライトを本命に単勝を勝っていたのですが、競馬にハマったのはシンハライトのおかげと言っても過言ではないので、個人的には思い入れの強いレースです。

今年は阪神JFの上位3頭が出走という事で、頭数は少ないのですがメンバー的には面白いレースになりそうなので、桜花賞を予想する上でもしっかりと見届けたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第25回 チューリップ賞 血統分析 クラシック血統が強い!

 

 

スポンサーリンク

レース予想

先週の馬場傾向

先週の阪神の馬場は開幕して間もないという事で、内を通った馬は止まりにくいのかなという印象でした。

すみれSが2.11.7のレースレコードという事で、タイムも出やすい馬場だったのかなと思います。

マイル戦が無かったので傾向が掴みにくい部分はありますが、ディープ産駒が4R中2勝を挙げていることからも、切れ脚が必要な馬場になるのかなと思っています。

また、勝ち馬は4コーナーで中段よりは前で競馬を進めていますので、馬場も良い事を考えるとある程度は前でレースがしたい所ですね。

 

レース展開

頭数も揃わず、逃げそうな馬もサヤカチャンぐらいなので、スローの展開になるとみていいかと思います。

サヤカチャンが逃げたとしても速いラップを刻むタイプの馬ではありませんからね。

スローと考えた時に、阪神外回りならば最後の瞬発力勝負になると思うので、後方過ぎると差し届かずがあると思いますが、中団より前で速い上りを使える馬を選ぶのが良さそうです。

推奨馬

このレースを予想する上で考えなくてはならないのが、阪神JF組の評価ですね。

勝ち馬のラッキーライラックは前走本命にも押したぐらいですから、間違いなく強い馬だと思います。

ただ、今回間違いなく一本被りのオッズになるのであれば、3歳牝馬のトライアルレースという事を考えると別の馬から入りたいかなと。

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎マウレア

 

 

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、まず阪神JFの着差を見れば上位3頭の能力が抜けていることは一目瞭然ですよね。

なので、このレースでも素直に阪神JF組を上位に見たいと思います。

 

その中で何故マウレアかというと、他の二頭はこのまま着外に飛んでも賞金で桜花賞には出走できますが、マウレアは今のままだと賞金が足らないので、必然的にここで結果を残さなければいけません。

本当ならば前走のクイーンCで決めたかったと思うのですが、残念ながら負けてしまったので、陣営としては桜花賞を出走する為にここをしっかりと取りに来ると思います。

前走は先行しての競馬でしたが、本来は中団で脚を溜めて瞬発力を活かすタイプの馬だと思うので、速いラップを前で追走したことで最後は脚が上がってしまいました。

今回はスロー濃厚で小頭数なので、内で脚を溜めて直線抜け出してくれば、叩きのラッキーライラックやリリーノーブルとの着順が変わっても不思議ではないと思っているので、今回オッズの妙味もありそうですし、この馬で勝負したいと思います!

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

2018年は昨年以上に皆様のお役に立てる記事を

提供できる様精進して参りますので、今後とも

お付き合いのほどよろしくお願い致します!

最強競馬ブログランキングへ

スポンサードリンク