皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第35回 フェブラリーSの有力馬紹介Part2をお届けしたいと思います。

昨日に続き有力馬を6頭ご紹介したいと思いますが、Part2ではなかなか面白いメンバーが揃っていますので、参考にしていただければと思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2018 第35回 フェブラリーS 過去の傾向 先行できる脚に要注目!

2018 第35回 フェブラリーS 有力馬紹介 Part1

 

スポンサーリンク

有力馬紹介

サンライズノヴァ

根岸S2着からの参戦です。

今回の出走登録馬の中で唯一の4歳馬です。

東京のダートで良績を残している馬で、毎回中団前目から速い上りを使えているという点では、ゴールドドリームと被る所はありますね。

それもそのはず、同じゴールドアリュール産駒なので、やはり東京ダートという舞台は非常に適しているのだと思います。

今回中央のダートGⅠに初参戦という事で、一線級相手にどこまでやれるのかという所が注目ポイントになるかと思いますが、前走より斤量が1kgプラスになるという点と、58kgを背負ったノンコノユメに競り負けたという点と、古馬のダート戦線は本当にレベルが高いという点を含めると、そこまで信頼できないのかなーというのが感想です。

ただ、4歳馬の成績、単勝回収率を考えると軽視はできないので、枠順やオッズ次第という所ではないでしょうか。

 

テイエムジンソク

東海S勝利しての参戦です。

前走は単勝1.3倍に支持されながらも逃げての勝利となりました。

現在11戦連続馬券内と非常に安定した成績を残しており、前で競馬をして終いもそれなりにしっかりとしているので、大崩れはしにくいですよね。

前々走のチャンピオンズカップもあと少しの所で差されてしまい惜しくも2着となりましたが、果たしてどうなるでしょうか。

優勝候補の一頭であることは間違いないのですが、不安点としては初の東京ダートかつ初のマイル戦というのがまず成績から見える所で、他の不安点を挙げると古川騎手の東京ダートの成績が非常に悪く、デビュー以来まだ1勝も挙げる事ができていないという点と、クロフネ産駒がダートのGⅠでまだ勝利する事ができていないという点でしょうか。

まあクロフネ産駒でダートの重賞で活躍している馬がそもそも出てきていないというのもありますが、成績以外の所で考えるとちょっと不安は大きいですね。

後は走ってみないと東京が合うかどうかは分からないので、能力で勝ち切る可能性は十分に考えられますが、1番人気になる可能性も考えられるので、そうであれば狙いにくいですね。

 

ノンコノユメ

根岸S勝利しての参戦です。

一昨年のフェブラリーSで2着になった馬であり、前走も東京で勝利していることからも東京ダートは合っていると思います。

正確な時期は忘れましたが、一昨年に去勢をして成績不振になってから久しぶりの勝利という事で、ようやく復活の兆しが見えてきましたね。

毎回後方からの競馬になってしまうという点が痛い所ではありますが、完全復活したとすれば非常に強い一頭だと思います。

前走を見る限り追える内田騎手とも手が合っている様に見えましたので、個人的には注目している馬です。

枠や馬場、展開次第では本命もあり得るかなと考えています。

ベストウォーリア

根岸Sを出走取消して武蔵野S7着からの参戦となります。

昨年のフェブラリーS2着している様に、前で競馬をしてそれなりの脚が使えるタイプの馬という点では良いかと思いますが、ここ最近の負け方が力負けの様に感じていて、年齢を考えると流石に頭まではイメージがわかないですね。

根岸Sを使えなかったという事も考えれば、ここは素直に軽視でよいかと思います。

 

レッツゴードンキ

香港S6着からの参戦です。

ここでまさかのレッツゴードンキが参戦という事でちょっと取り上げてみましたw

今までに地方のJBCレディースを2着した経緯があり、ダートが全く合わないという訳ではありません。

以前陣営のコメントで、元々ダート路線を使う予定だったのが芝で思ったより走ったから芝をメインに使ってきたみたいなコメントがあったのを覚えているのですが、確かに血統的にはダートがやれてもおかしくはありませんよね。

しかも、芝の短距離とダートというのはかなり近い適性が問われるという事を聞いたことがあるので、まあ全く勝負にならないという事は無いのかもしれません。

ただ、流石にこのメンツでは厳しいものがあると思いますし、東京ダートマイルはスタミナが問われる馬場なので、頭までは想像しにくいのですが、なんか怖さありますねw

追い切りもびっくりするぐらい良く動いているので、もしかしたらもしかするかもしれませんね。

 

ロンドンタウン

東京大賞典5着からの参戦です。

コリアカップでクリソライトに勝利して一応GⅠ馬となった訳ですが、言ってもクリソライトはこのメンツでは一枚落ちると思うので、ちょっと評価が難しい馬ですね。

ちなみにですが、海外帰りの馬は半年は様子を見なければいけないというのが競馬関係者の中では格言としてあるみたいで、コリアカップからまだ半年は経っていないという所も含めると、まだここでは狙う事は無いと思います。

 

以上前日の6頭含め全部で12頭の紹介を終えましたが、やはりゴールドドリームが今のところ1番手評価になりますね。

純粋に昨年のダートの代表馬ですから、でき落ちが無いとなれば間違いなく要注目の一頭だと思います。

後はテイエムジンソクやノンコノユメ、サンライズノヴァ辺りがどの程度のオッズになるかと、東京ダートなので枠順もしっかりとチェックした上で考えを深めていく必要があるかなと思います。

次回は血統分析をする予定なので、ぜひご覧頂きたいと思います。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

 

2018年は昨年以上に皆様のお役に立てる記事を

提供できる様精進して参りますので、今後とも

お付き合いのほどよろしくお願い致します!

最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサードリンク