皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2018 第111回 京都記念の推奨馬をお届けしたいと思います。

最近仕事の都合やプライベートでちょっと忙しい日々を過ごしており、コンスタントにブログ更新ができず申し訳ありません。

そこまで定期購読してくださっている方も多くはないとは思うのですがw

ここ最近調子よく的中が続いているので、この調子で予想していければと思います。

さて、今回は京都記念という事なんですが、昨年のクラシック世代の牡馬混合GⅠの様な超豪華メンバーでのレースとなり、非常に面白いレースとなりそうです。

その中でもレイデオロの評価と言いますか、取捨選択が一番の肝となると思いますので、そこも含めて最後までご覧になってください。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

レース予想

本日の馬場傾向

本日の京都の芝は雨の影響で稍重開催となっていたのですが、昨年から馬場が荒れており例年以上に力のいる馬場となっているようです。

タイムを見てみるとその傾向は明確で、一昨年の良馬場開催が1.34.4で昨年の重馬場開催が1.35.7という事を考えると、非常に力のいる馬場になっています。

また、勝ち馬の上がりタイムも36秒台が連発と上りのかかるレースが多かったです。

脚質も開催が進むにつれ後方からの馬が目立つようになっており、基本的にスタミナを活かして早めに仕掛けていける馬でないと厳しいのかなと思います。

内外に関しては、そこまで内の馬場が荒れているようには見えませんでしたが、結構内を避けてレースを運んでいる様に見えて、12頭立てにしてはかなり外を回して差してきていました。

開幕してまだ間もないですが、内の利というのはそこまで感じませんね。

どちらかというと外差し傾向が強いのかなと思います。

明日は一応晴れ予報ではありますが、気温も上がりませんしそこまで大きく傾向が変わる事は無いのかなーとは思うのですが、内がどの程度乾いていくのかが個人的には気にしている点ですね。

 

レース展開

逃げそうなのがプリメラアスールとクロコスミアになると思うのですが、小頭数という事と今までのレース振りがそこまで速いラップを刻むようなタイプの馬ではないので、馬場の影響も考えるとスローで間違いないと思います。

そうなると、今日のレースの様にあまりにも後ろからだと届かないのかなーと思うのですが、京都なので早仕掛けで粘り込みというレースをしてくるのであれば後方からでもチャンスはあるのかなと。

基本的には過去の傾向でも先行有利のレースなので、ある程度は前目で競馬ができた方が良いとは思います。

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

推奨馬

豪華メンバーが揃った京都記念。

ここからドバイや春の国内GⅠに進む馬が多い中、一番の注目はレイデオロですよね。

昨年のジャパンカップでは2着と敗れはしたものの、キタサンブラックに先着していますから、能力だけ見るとここでも頭一つ抜けているのかなと思います。

ただ、いかんせん単勝が売れすぎていて、最終的に1倍台半ばぐらいで落ち着きそうなオッズの推移の中、レイデオロを買えるかどうかと言われると、流石に買えないかなと。

理由が何点かあって、それを挙げてみたいと思うのですが、

・57kgで休み明け

・初の京都

・重い馬場

・鞍上の乗り替わり

という点が挙げる事ができ、その中で断然1番人気では買いたくないですよね。

まあ馬券内は固いと思うんですけど、届かず2着とかなら十分に考えられると思っています。

 

ではどの馬を推奨馬として挙げるのかというと、今の馬場を考えてこの馬から勝負したいと思います。

 

期待値ハンタークラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎クリンチャー

 

 

 

 

にしたいと思います。

昨年の極悪馬場で開催された菊花賞で2着になった馬ですが、メンバーの中で重馬場適性が一番高いのがクリンチャーだと思います。

血統を見ると父にディープスカイ、母父にブライアンズタイムで完全に上がりのかかるレースはどんとこいのタイプですね。

確かに前走の2着は展開に恵まれた感は否めませんが、今週の追切を見ると完全にメイチでの仕上げに見えまして、今後のGⅠで勝負するためには是が非でもここで賞金加算しておきたい所なのではないでしょうか。

また、斤量も他の牡馬に比べて恩恵を受けている55kgとなっており、ある程度前目で競馬しながらスタミナを活かしたレースができれば、今回の条件であれば十分勝負になるのかなと思います。

周りの馬は完全に叩きでの出走になるでしょうから、ここは好勝負を期待したいですね!

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

2018年は昨年以上に皆様のお役に立てる記事を

提供できる様精進して参りますので、今後とも

お付き合いのほどよろしくお願い致します!

最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事