馬券の買い方教えます! Part1初心者編

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は「馬券の買い方教えます!」という事で、これから何部作かに分けて馬券の買い方について基本的な事はもちろん、個人的にどの様な形で馬券や買い目を選んでいるのかという事を記事にしていきたいと思います。

 

まず今回はPart1初心者編という事で、馬券の種類について書いていきたいと思います。

少し前の記事で

これを見てもあなたはパチスロを続けますか?元年間数百万稼いでいたパチプロが伝える、競馬をおススメする6つの理由

という記事を書いた事もあり、競馬初心者の方向けの記事も書いていきますので、参考にして見て下さい。

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

馬券の種類

まずは馬券の種類についてですが、大きく分けて9種類の買い方がありますので、以下に挙げます。

 

券種 買い方
単勝 一点買い   複数買い
複勝 一点買い   複数買い
枠連 流し BOX フォーメーション
馬連 流し BOX フォーメーション
ワイド 流し BOX フォーメーション
馬単 1,2着固定マルチ 1頭軸マルチ 

BOX フォーメーション

3連複 1頭軸マルチ 2頭軸マルチ

BOX フォーメーション

3連単 1,2,3着固定マルチ 1,2頭軸マルチ

BOX フォーメーション

WIN5 5レース完全セレクト 一部セレクト

 

以上が馬券の種類となります。

券種については分かるかたは多いと思いますが、買い方に関してはちょっと複雑な買い方もありますので、その点を詳しく解説していこうと思います。

 

単勝

単勝は一着になる馬を当てるというとてもシンプルな馬券となっています。

馬券の基本中の基本ですね。

出馬表などの横に表示されている数字があると思うのですが、それが単勝オッズというもので、的中すればオッズ×掛け金がそのまま配当として返って来ます。

よくこの馬は〇番人気だから~とか、このレースは〇番人気の馬が~など、〇番人気という言葉が良く使われますが、これは単勝オッズの順番を差しています。

レースでは大体十数頭走る訳ですが、その中から一着になる馬を当てるというのは簡単そうで実は難しいです。

買い方としては一点買いでピンかパーかの勝負、もしくは複数買いで配当は安くなっても安定重視で買うという買い方があります。

 

複勝

複勝は3着以内に入る馬を当てるという馬券です。

馬券の中で一番当たりやすい馬券ですね。

その代わり、オッズも非常に低く、1番人気の複勝とかになると1.1~1.2倍とかは余裕でありえます。

買い方は、単勝同様一点買いか複数買いになりますが、オッズの低さには要注意ですね。

 

枠連

枠連は1,2着になる馬の枠を2枠選ぶという馬券です。

枠は内から1~8までの枠が設定されており、一つの枠に1~3頭の馬がいるので、この後に説明する馬連よりは的中しやすい馬券となっています。

ちなみに、枠には色がついており、内から

白・

という色の順番で決められています。

CMでもやっていましたが、騎手が被っている帽子の色は枠の色と同じなので、決してオシャレや気分で被っている訳ではないのでお間違えの無いようにw

また、枠連は1,2着の着順は問わないので、例えば1枠と2枠の枠連を買った場合、1,2着に1枠と2枠が順不同で入っていれば的中となります。

ここから買い方が少し複雑になるのですが、まずは枠を二つ選んで買う1点買いと、この枠の馬は1,2着外さないだろうというとなる枠を一つ選んで、その他複数の枠を選ぶ流しという買い方と、軸を決めずに複数枠を選んでどの枠が来ても良いというBOXという買い方と、フォーメーションという買い方があります。

フォーメーションはちょっと複雑なので、記号を用いて説明します。

考え方としては、「一つの軸は決められないけど、いくつかの軸候補は決まっている」という考えの時に用いる方法で、この方法を取ると、BOXより点数を絞れてかつ、相手を複数選ぶ事ができます。

記号で示すと、

①②→①②③④⑤⑥

となります。

この図を説明すると、1枠と2枠のどちらかが1,2着に来て、相手に1,2,3,4,5,6枠のどれかが入ってくれば当たるという買い方になり、これだと買い目は10通りになりますね。

ちなみに、BOXで1,2,3,4,5,6枠を買うと15通りになるので、買い目を減らす事ができます。

実際には枠連でここまで買い目が増えると儲かりませんが、このフォーメーションの考え方は覚えておいてください。

 

馬連

馬連は1,2着になる馬を二頭選ぶという馬券です。

馬連も枠連同様順不同なので、1,2着の順番は問いません。

買い方は枠連と同様、1点買いと、軸を決めて流して買う方法と、BOX、フォーメーションがあります。

補足ですが、時期によっては馬連の払い戻しを5%上乗せするキャンペーンなどを行っている時期がありますので、定期的にJRAのHPをチェックしておくと良いかもしれません。

 

ワイド

ワイドは1~3着に入る馬を2頭選ぶという馬券です。

ワイドも着順は順不同ですね。

馬連よりは的中率は高くなりますが、その分オッズも低くなるので注意が必要です。

買い方も馬連同様、1点買いと、軸を決めて流す買い方と、BOX、フォーメーションがあります。

 

馬単

馬単は1,2着に来る馬を着順含め選ぶという馬券です。

馬連と違って、1,2着を順番通り当てなければいけないため、当てにくい代わりにオッズは高くなります。

買い方は、一点買いと、1着か2着に来るであろう馬を選んで1,2着のどちらかに固定した上で相手を複数買う1,2着固定マルチと、1,2着のどちらかに来るであろう馬を軸として選び、相手を複数選ぶ1頭軸マルチと、BOX、フォーメーションがあります。

基本的に、という文字がつくと的中率は低くなりますが、回収率は高くなります。

 

3連複

3連複は3着以内に来る馬を順不同で3頭選ぶという馬券です。

ここから3頭を当てる馬券になりますね。

買い方は、一点買いと、1,2頭軸のマルチとBOX、フォーメーションがあります。

 

3連単

3連単は1~3着の馬を着順含めて選ぶという馬券です。

基本的な馬券の中では一番払い戻し金額が多くなる馬券になります。

買い方は、一点買いと、1,2,3着の軸固定マルチと、1,2頭軸マルチと、BOX、フォーメーションがあります。

 

WIN5

WIN5はちょっと特殊な買い方で、JRAが選択した5つのレースの勝ち馬を全て当てるという買い方です。

5レース分なので、的中率は非常に低いですが、払い戻し金額は平気で何千万円もあり得る夢馬券ですね。

ちなみに、WIN5はネット投票のみでしか購入できない馬券となっていて、基本的には購入する機会は少ない馬券かと思います。

買い方は、各レース一頭ずつ買う買い方と、各レース複数買うセレクト買いになります。

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

競馬は買い方が命!

以上馬券の買い方を書いてきました。

様々な買い方があり、レース毎によってどんな買い方が良いのかというのを考えていく必要があるのですが、この買い方ひとつでプラスになるかマイナスになるか大きく分かれるので、馬券の買い方というのは非常に重要になります。

ただ、馬券の買い方には正解が無いのも確かで、個人的には一生悩み続ける所なのかなと思っています。

このブログでは単複でプラス収支を狙うというコンセプトでレース予想はしていますが、実際に全てのレースで単複のみを買うというのが正解だとは思っていません。

結局は結果次第でこうしとけば良かった、ああしとけば良かったとなってしまうので、できる限りそうならないための馬券選択を考えていく必要があります。

今回は馬券の基本的な買い方について説明しましたが、次回以降はより実践に向けた馬券戦略について記事を書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

2018年は昨年以上に皆様のお役に立てる記事を

提供できる様精進して参りますので、今後とも

お付き合いのほどよろしくお願い致します!

最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事