皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第34回 ホープフルSの血統分析をお届けしたいと思います。

この血統分析で該当している馬はかなり高確率で馬券内に絡んでいるので、要チェックです!

先週の有馬記念はキタサンブラックが該当していました。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2017 第34回 ホープフルS 過去の傾向 これだけは押さえておきたい5つのポイント

2017 第34回 ホープフルS 有力馬紹介 上位人気馬は不安が多い?

 

注目の血統はこれだ!

中山に移ってからディープ、キンカメ産駒が相性良い

 

※過去3年の血統

2016年 1,3着 キンカメ産駒

2015年 1着ディープ産駒 3着キンカメ産駒

2014年 1着ディープ産駒

 

以上の血統には要注目です!

 

該当している馬

ディープ産駒

トライン

キンカメ産駒

ウォーターパルフェ(ルーラーシップ産駒)

サンリヴァル(ルーラーシップ産駒)

 

以上の馬には要注目です!

スポンサーリンク

有馬記念と傾向は似ている

 

有馬記念の時の記事でも書いたのですが、中山は2014年の馬場改修後はディープ産駒も成績が残せるようになっており、以前に比べるとスピードの能力が求められる舞台になっています。

昨年はディープ産駒がサングレーザーの一頭だけでしたが、この馬はスワンSを勝利している様に、短距離適性の高い馬でして、差し馬が有利の展開の中、前で競馬しての5着なのでディープ産駒が合わないという事は無いですし、2,3歳戦のディープ産駒は素質だけで好走する馬が多いですから、非常に注目ですね。

今年もトラインの一頭しかいませんが、果たしてどこまで走るのか楽しみにしたいと思います。

キンカメ産駒が走る理由も、暮れの中山は力のいる馬場になっていることが理由ですね。

ぜひ参考にして見て下さい。

 

今年の競馬も終わりに近づいてきました。

これからも誠心誠意予想を続けていきますので、

応援のほどよろしくお願い致します!

最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサードリンク