皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第62回 有馬記念の枠順を考慮したレース展開の予想をしていきたいと思います。

レース展開の予想は騎手の判断によるものなので、あくまでも推測でしかありませんが、何パターンか展開を予想して、その中でどの馬にチャンスがあるのかを考えていきたいと思います。

今回も思っていることをつらつらと書いていきたいと思いますので、所々読みにくい部分もあるかと思いますが、最後まで読んでいただければと思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2017 第62回 有馬記念 過去の傾向

2017 第62回 有馬記念 有力馬紹介 Part1

2017 第62回 有馬記念 有力馬紹介 Part2

2017 第62回 有馬記念 血統分析

2017 第62回 有馬記念 枠順発表後の見解

 

スポンサーリンク

レース展開予想

まだ馬場状態が分からない状態での展開予想ではありますが、まず一番に考えるべきなのはキタサンブラックの出方がどうなのかだと思います。

この枠ですし、過去のレースからも逃げ・先行する形になるのは間違いないと思うのですが、この2パターンで他の馬にどの様に有利不利が生まれるのかを考えてみたいと思います。

 

キタサンブラックが逃げるパターン

まずはキタサンブラックが逃げるパターンで考えてみたいと思います、

この馬はゲート内が結構うるさいタイプの馬で、天皇賞・秋では出遅れからのレースとなりましたが、基本的にはスタートは良い方の馬だと思うので、他に逃げる馬がいなければハナを切る可能性は大いにあると思います。

ちなみに、全頭の脚質を過去のレースから大雑把に分類をして見ると、

逃げ キタサンブラック カレンミロティック (トーセンビクトリー)

先行 サトノクロニクル シャケトラ シュヴァルグラン サトノクラウン

中団 ヤマカツエース クイーンズリング ブレスジャーニー サクラアンプルール スワーヴリチャード

後方 レインボーライン ルージュバック ミッキークイーン サウンズオブアース

 

と、なります。

この中で最内のキタサンブラックがスタート出て形になる事は十分考えられますし、今までもキタサンブラックに競り合ってくる馬というのはあまりいなかったので、すんなり逃げる可能性はあるかなと。

そうなった場合、キタサンブラックが逃げた時の特徴は、極端なスローにはならず、後ろの馬に脚を使わせつつ、自分が残れるペースでのレースとなる事が多いと感じているので、大体前半1000m1分1,2秒といった所でしょうか。

キタサンブラックのペースとなった場合、先行する馬は能力があってかつコースロスを少なく回ってきた馬でないと差すのは厳しいと思いますし、後ろから直線勝負の馬にはまず勝ち目はなくなると思います。

今回の出走馬で考えると、人気所でいえばミッキークイーンやルージュバックの牝馬組は厳しいと思います。

早めに捲っていって長くいい脚を使うタイプではないんでね。

その点考えると、レインボーラインなんかは早めに動いて来れるタイプの馬だと思うので、後方からでも勝負になる可能性はあるのかなと。

ただ頭までは厳しいかなーというのが本音です。

では、中団より前で競馬ができて頭までイメージができる馬はどの馬か?という事なんですが、個人的に一発ありそうなのはヤマカツエース、クイーンズリング、スワーヴリチャード辺りかなと。

ヤマカツエースは枠が非常に良く、キタサンブラックの後ろの位置をすんなり取れると思うので、中団前目で競馬ができれば面白いと思います。

クイーンズリングはもう騎手が怖いの一言ですw

気性難がある馬なのですが、ルメール騎手に乗り替わって折り合いついてキタサンブラックをマークできれば一発あってもおかしくないのかなと思っています。

マンハッタンカフェ産駒ですし、ここが全く合わないとは思わないので、人気もなさそうですし面白い一頭かなと。

スワーヴリチャードも鞍上込みの評価なのですが、わざわざここを選択してきたというのがどうも引っ掛かるんですよね。

外枠に入ってしまったので、馬券的には切っても面白いと思うのですが、どんな不利な展開だろうと飛んでくるのがM.デムーロ騎手ですから、道中早めに前に行って長くいい脚を使う競馬をすると思うので、やはり怖い一頭かなと思います。

逆にシュヴァルグラン、サトノクラウンに関してですが、シュヴァルグランは前走がメイチ仕上げで展開に恵まれた感があったと思うので、外枠からの先行は間違いなくマイナスですし、後ろに回ってはまず差し届かないと思うので、今回は危険な人気馬なのかなと思っています。

サトノクラウンは、キタサンブラックのペースで逃げられてしまうとちょっと上がりの脚が足らなくなると思うので、もっとペースが流れてほしい所かなと思います。

 

キタサンブラックが逃げずに先行するパターン

このパターンも可能性としてはあるんじゃないのかなと思っていて、じゃあ誰が逃げるの?という事になるのですが、トーセンビクトリーが結構一発狙って逃げの手を打つ可能性はあると感じています。

鞍上の田辺騎手は中山が本当に上手ですし、逃げの手を打つことが多いと思っているので、普通に走ってもキタサンブラックには多分勝てませんから、なんか逃げそうな気がするんですよねー。

仮にトーセンビクトリーが逃げた場合、結構スローに落とすのではないかなと考えていて、トーセンビクトリー自体長距離適性はありませんから、自分が逃げて勝てる競馬をするならスローに落とすと思います。

となると、前で競馬ができる馬にチャンスが回ってくるのかなと思っています(馬場次第ですが)。

先行集団に付随して、レース後半にかけて後ろから捲ってくる馬にも大いにチャンスが生まれると思っていて、そうなるとレインボーラインはじめ、騎手の判断次第ではある程度上りが使える馬も台頭してくる余地はあるのかなと。

 

まあいずれにしてもハイペースになる展開は考えにくいので、キタサンブラックが馬券内から飛ぶ要素はレース展開からは考えにくいと思います。

馬券外に飛ぶ可能性として考えられるとすれば、馬自身の疲れや出遅れによる後方からの競馬だと思うのですが、今回出遅れると天皇賞・秋のように内をすくって来れるような展開にはならないと思うので、かなり致命的ですよね。

そこは走ってみないと分かりませんが、基本的には安定の軸と考えてよいかと思います。

一発狙う方は出遅れに期待するしかないかもしれませんねw

 

考えれば考えるほど・・・

以上レース展開予想をしてみました。

色々な要素を考えれば考えるほど、キタサンブラックを消す要素が見当たらないと言いますかw

正直馬券的には面白みはありませんが、キタサンブラック軸として連系の馬券は買う必要があるのかなと思います。

ただ、枠順が発表された時点で、この馬で有馬記念は勝負しようと決めた馬がいますので、明日の馬場傾向があまりにもこの馬に向かなそうな馬場でない限り、今考えている馬で勝負したいと思います。

じゃあその馬は何なんだ?というのが一番知りたい所かと思いますが、そこは明日のお楽しみという事でw

なので、気になる方は明日の推奨馬の記事をご覧いただければと思います。

 

本日は以上です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

 

有馬記念まであと2日!

皆さんの応援クリックが私の元気の糧となります!

全身全霊で突っ走ります!

最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサードリンク