皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第62回 有馬記念の枠順発表後の見解をお届けしたいと思います。

有馬記念にとって枠順というのは非常に重要であり、どの馬も内枠がほしいと願うレースではありますが、果たしてどの様な枠になりどの様なレース展開になるのでしょうか。

あともう一つ、キタサンブラックの枠順も非常に気になる所ですが、どの枠に入ったのでしょうか。

早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2017 第62回 有馬記念 過去の傾向

2017 第62回 有馬記念 有力馬紹介 Part1

2017 第62回 有馬記念 有力馬紹介 Part2

2017 第62回 有馬記念 血統分析

 

スポンサーリンク

枠順発表

1枠1番  ヤマカツエース    池添

1枠2番  キタサンブラック   武豊

2枠3番  クイーンズリング   C.ルメール

2枠4番  ブレスジャーニー   三浦

3枠5番  トーセンビクトリー  田辺

3枠6番  サトノクロニクル   戸崎

4枠7番  シャケトラ      福永

4枠8番  レインボーライン   岩田 

5枠9番  サクラアンプルール  蛯名

5枠10番  シュヴァルグラン   H.ボウマン

6枠11番  ルージュバック    北村

6枠12番  サトノクラウン    R.ムーア

7枠13番  ミッキークイーン   浜中 

7枠14番  スワーヴリチャード  M.デムーロ

8枠15番  カレンミロティック  川田

8枠16番  サウンズオブアース  C.デムーロ

 

以上枠順発表の結果になります。

 

まずは何と言ってもキタサンブラック!

1枠2番と引退レースでも恵まれた枠を手に入れる事ができましたね。

・・・まあ想定内ですかねw

 

後はこの枠を見て思う所をつらつらと書いていこうと思います。

 

枠順発表後の見解

内の方から気になる馬をピックアップして書いていきたいと思います。

 

まずヤマカツエースですが、昨年が2枠4番で今年が1枠1番とこの馬もなかなか枠に恵まれている一頭かもしれませんね。

最近は中団後ろからの競馬になる事が多いですが、この馬自身はもう少し前で競馬ができる馬だと思っていますので、キタサンブラックの後ろでマークして乗れるのは良いのかなと思います。

池添騎手自身は決め打ちするタイプの騎手ですから、なかなか面白い枠に入ったかなと思っています。

 

キタサンブラックですが、この馬に関しては何も言う事がありませんw

ここでも圧倒的強運を見せつけてきましたので、好レース必須ですね。

 

クイーンズリングは最近の成績を見るとなかなか狙いが立ちにくい馬ですが、内枠に入ってC.ルメール騎手が騎乗と言うだけでなんか怖いですw

このレースが引退レースと公言していますし、有終の美を飾れる可能性は大いにあるのかなと思います。

 

シャケトラは先行できる馬なので内枠に入れたことはプラスに働くと思います。

福永騎手は馬をマークして乗るのが上手な騎手なので、キタサンブラックのすぐ外に入れたのは良かったのかなと。

折り合いをつけるのが上手な福永騎手ですから、しっかり折り合って競馬を進める事ができれば面白い一頭だと思います。

 

レインボーラインはちょうど真ん中の4枠8番に入れたのは非常にプラスだと思っていて、この馬は基本的には後ろの方から競馬をする馬なのですが、この枠であれば中団後ろくらいの位置から競馬ができると思いますし、内すぎると追い出しにくく、外すぎると後方からの競馬になってしまうという所を考えると、とても競馬がしやすい位置に入れたと思います。

 

シュヴァルグランはあまりいい枠とは言えないのかなと思っていて、去年までの脚質ならいい枠だとは思うのですが、最近は先行する脚質になっていますので、外目の枠から先行するというのはプラスではないですよね。

H.ボウマン騎手がどの様に促していくのかに注目です。

 

ルージュバックは外回す競馬をするならここでも良いとは思うのですが、北村騎手自身内から先行して勝っている訳なので、その脚質を考えると微妙ですよね。

多分大外一気の競馬になるんじゃないかなーと思います。

 

サトノクラウンはもう少し内が良かったと思うのですが、R.ムーア騎手ですから、上手く内の方に入れてレースを進めてくるかもしれませんので、そう考えると周りを見ながらレースが進められるので結構いい枠なのかもしれませんね。

暮れの中山ならこの馬に合っていると思うので、良芝ならいらないと嫌う人がいてオッズに妙味が生まれるなら買いたい一頭です。

 

ミッキークイーンは直線一気の競馬ですから、そこまで枠は気にならないと思いますが、この枠だと後方に下げるしかないですかねー。

昨年は4枠8番だったので、中団から競馬を進められたのですが、中山で後方一気では展開待ちになる感は否めません。

 

スワーヴリチャードは一見外枠に入ってしまい残念ムードが漂っていますが、個人的にはそこまで悲観する枠ではないと思っていて、この馬自身ストライドの大きい馬ですので、内で閉じ込められて窮屈に中山のコースを回るよりかは外でのびのびと走れた方が良いのではと思う所もあります。

とは言ってももう少し内の方が良かったと思いますが、皆さん忘れてはいけません。

GⅠで圧倒的不利な局面でも1着に持ってきた騎手の存在を。

M.デムーロ騎手ならこの不利な枠でもお構いなしに突っ込んでくると思いますので、軽視は禁物です。

 

キタサンブラックの取捨選択

 

枠順が発表され、注目のキタサンブラックが絶好枠に入った訳ですが、まず三連系の馬券には必ず入れておかなければいけない馬になりましたね。

ここまで枠に恵まれては嫌う要素がほとんど無くなったと言いますか、凡走する姿はあまり想像がつきません。

馬券的には妙味はなくなってしまいますが、発想を変えると馬券を当てられる確率は高くなったと考えられるのかなと。

ですが、枠に恵まれたのはこの馬だけではありませんから、色々なレース展開を考えた上で推奨馬をお届けしようと思います。

明日は枠を踏まえたレース展開を色々と考えてみたいと思うので、お楽しみに。

 

本日は以上です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

有馬記念まであと3日!

皆さんの応援クリックが私の元気の糧となります!

全身全霊で突っ走ります!

最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサードリンク