皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第62回 有馬記念の血統分析をしていきたいと思います。

毎レース行っているこの血統分析ですが、ここで挙がっている馬の中から馬券に絡む馬が一頭以上いるので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

ちなみに先週の朝日杯フューチュリティSではダノンプレミアム、ステルヴィオの1,2着馬が該当していました!

 

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい。

2017 第62回 有馬記念 過去の傾向

2017 第62回 有馬記念 有力馬紹介 Part1

2017 第62回 有馬記念 有力馬紹介 Part2

 

スポンサーリンク

要注目の血統はこれだ!

 

キングマンボの血またはノーザンテーストの血を持つ馬

 

以上の血統は要注目です。

 

該当している馬

キングマンボの血

サクラアンプルール

トーセンビクトリー

ヤマカツエース

 

ノーザンテーストの血

キタサンブラック

サクラアンプルール

ブレスジャーニー

レインボーライン

 

以上の馬には要注目です!

 

スポンサーリンク

求められる資質はパワー・中山適性・機動力!

まず最初に有馬記念というのは暮れの中山2500mで開催されるレースな訳ですが、ここから読み取れるのは馬場が荒れて力のいるレースになりやすいという事と、直線の短い中山の長距離戦なので、後ろからでも早めに動けるような機動力というのが求められる舞台となります。

また、中山2500mはコーナーを6回通るトリッキーなコースなので、そもそものコース適性というのが備わっていないとやはり厳しい舞台だと思います。

血統を見てみると、まずキングマンボ系というのは、パワーと加速力を備えたの血統です。

直線の短い中山かつ力のいる馬場になる有馬記念ではキングマンボの血というのは向いていますね。

過去10年では勝ち馬こそ出ていませんが、2,3着にキングマンボ系が絡んでいることが非常に多く、2014年の9番人気2着トゥザワールドや2011年の7番人気2着エイシンフラッシュ、9番人気3着のトゥザグローリーなど、人気薄でも馬券に絡んできています。

今年のキングマンボの血を引いている馬は人気にならそうな馬が多いので、馬券妙味はありそうですよね。

次にノーザンテーストの血ですが、ノーザンテーストの血が入っていると機動力が増す傾向にありまして、2年連続馬券内のキタサンブラックはもちろん、一昨年の勝ち馬ゴールドアクターやオルフェーヴル、ゴールドシップの父ステイゴールドにもノーザンテーストの血が入っているので、この血統には注目する必要がありますね。

後は、2014年の馬場改修後はディープ産駒が2勝を挙げているという結果となっていて、これは馬の絶対値が高いと言えばそれまでなのですが、改修後の中山芝の傾向を考えてもスピード要素が必要になる馬場になってきた可能性は考えられます。

もっと過去の血統傾向に関しては分からないのですが、話だと有馬記念は血統傾向が変わりやすいレースみたいなので、今年がどのような傾向の馬場になっているかは要注目ですね。

 

さて、話は変わりますが、明日は待望の枠順発表の日です。

狙っている馬がどの枠に入るのか、消したい人気馬がどの枠に入るのか、有馬記念を予想する上で非常に大事な枠順発表。

枠順によって考えられるレース展開というのが変わってくると思いますので、明日の夕方は携帯のリアルタイム速報に目が釘付けです。

去年は何百回更新ボタンを押したか分からないぐらい注目していた記憶がありますw

明日はその枠順発表後の見解を挙げたいと思いますので、お楽しみに。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

有馬記念まであと4日!

皆さんの応援クリックが私の元気の糧となります!

全身全霊で突っ走ります!

最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事