皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第69回 朝日杯フューチュリティSの有力馬紹介をお届けしたいと思います。

今年の出走馬は世間では3強対決と言われており、その中でも一頭非常に注目している馬がいます。

この3強プラス気になっている馬を数頭含めてご紹介したいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にしてください!

2017 第69回 朝日杯フューチュリティS 過去の傾向

 

スポンサーリンク

有力馬紹介

ダノンプレミアム

サウジアラビアロイヤルカップ勝利しての参戦です。

この馬が今一番注目している馬で、前走は稍重で前半800mを46.1とハイペースで流れてその日の馬場傾向的に完全に差し馬場だったのにも関わらず、先行して0.3秒差の1.33.0でレコード勝利と、まあ強いですw

この結果だけを見ても非常に素晴らしいのですが、1週前追い切りも異次元の走りをしておりましてw

CWを3頭合わせで6F84.4 5F67.7 4F51.9 3F37.7 1F11.2のラップを刻んで末強めで追われているのですが、ラスト1Fの11.2というタイムはもう異次元ですw

もちろんタイムが速いだけではだめですが、加速の仕方が秀逸で追われる前から自分で加速し始めての追い切りというのは非常に好感が持てます。

まあ私は追い切りとかを詳しく説明できるほどの知識は持ち合わせていないので、各馬の追い切りの評価はしないのですが、この馬の追い切りだけはどうしてもお伝えしたかったので、今回特別に記載しました。

追い切りを無しにしたとしても、前走が本当に強すぎる内容だったので、要注目の一頭ですね。

相性の良いディープ産駒ですし、ここは逆らえないかなーという気もしています。

ただ一つ懸念材料としては、脚質が前過ぎるんです・・・

今の阪神の馬場であれば前でも問題ないのですが、もう少し後ろで競馬ができると良いですね。

 

 

タワーオブロンドン

京王杯2歳S勝利しての参戦です。

前走は中団から上り1位の33.2の脚を使って0.3秒差で余裕の勝利でした。

脚質的にはここに適しているのですが、いかんせんこの馬はマイル未満でしか走っておらず、ここをハナから目標にしていたとするのであればマイルを一回でも使って来ていると思うんですよね。

過去4走マイル未満という事は少なからず距離に不安があるのだと思います。

阪神マイルの外回りはマイル以上の距離適性のある馬の方が良いので、ルメール人気するのであればちょっと軽視したい一頭かなと考えています。

ただルメール騎手なら内に入れてロスなく運んできそうな気もしますがw

 

ステルヴィオ

 

サウジアラビアロイヤルカップ2着からの参戦です。

前走はダノンプレミアムを差し切れませんでしたが、ほぼ最後方から直線一気で2着まで追い込んできました。

この一頭だけ上がりのかかるレースで33秒台の上がりを使って来ているので、こちらも非常に強い競馬をしていると言っても良いと思います。

札幌1800mの重馬場で辛勝ではありますが勝利しているという点もプラス材料ですね。

いずれにしても、この馬とダノンプレミアムは最上位評価でよいかと思います。

 

ケイアイノーテック

 

デイリー杯2歳S3着からの参戦です。

前走は3着と負けてしまいましたが、長期休み明けでの結果であり、新馬戦で同舞台を勝利していることを考えれば、人気はつかないでしょうから面白い一頭なんじゃないかなというのが個人的な見解です。

新馬戦は同舞台で強い勝ち方をしていますし、前走はプラス22kgですから完全に余裕残しですよね。

今回相性の良いディープ産駒がダノンプレミアムとこの馬だけなので、買える要素は結構あるかなと思う一頭です。

 

ダブルシャープ

 

サウジアラビアロイヤルカップ6着からの参戦です。

今回から栗東の渡辺調教師の下に転厩となった馬ですが、前走は先行馬にきつい流れの中、0.6秒差の6着であれば評価できる内容だったと思います。

元々後ろから捲っていくタイプの脚質なので、先行した前走は度外視できるかなと思います。

この馬の推せる点は3走前のクローバー賞でして、タワーオブロンドンに勝ったのもそうですが、一度抜かれてからまた抜き返すという強い勝負根性を見せての勝利でした。

また同じように後ろから競馬をできれば面白いですし、今回は栗東からですので長距離輸送もありませんからね。

人気しなさそうなので、一発あってもおかしくないのかなと見ています。

3強で決まるのか?それとも・・・

 

現在3強と言われているダノンプレミアム、タワーオブロンドン、ステルヴィオの3頭は能力は十分その割っていると思いますし、その中でもダノンプレミアムは正直頭一つ抜けているかなと思う所です。

しかし、他にも順調に勝ち進んできている馬が多数出走予定ですから、今回はそこまで固い決着にはならないんじゃないかなーという気がします。

あくまで気がするだけですがw

現時点での考えはダノンプレミアムから行くのか、それとも他に狙えそうな馬を探すのかという選択ですかね。

ダノンプレミアムはちょっと人気しそうなので旨みは無いのかもしれませんが、枠順や馬場傾向等々を加味して判断したいと思います。

明日は血統分析をお届けしたいと思いますので、お楽しみに。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

 

皆さんの応援クリックのおかげで少しずつ

ランキングが上がってきました!

本当にいつもありがとうございます!

最強競馬ブログランキングへ

 

 

スポンサードリンク