2017 第69回 阪神ジュベナイルフィリーズ 血統分析

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第69回 阪神ジュベナイルフィリーズの血統分析をお届けしたいと思います。

ここで挙がった馬はかなり高い確率で馬券に絡んでいますので、ぜひ相手選びの参考にしてください。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にしてください!

2017 第69回 阪神ジュベナイルフィリーズ 過去の傾向

2017 第69回 阪神ジュベナイルフィリーズ 有力馬紹介

 

スポンサーリンク

注目の血統はこれだ!

父がクラシック血統、母父が米国型の馬

※クラシック血統

ディープ、キンカメ、ハーツクライ、ステイゴールド

 

以上の血統は要注目です!

 

該当する馬

サウンドキアラ

トーセンアンバー

ノーブルアース

マウレア

ラテュロス

 

父父がクラシック血統

グリエルマ(父ロードカナロア)

ハイヒール(父トーセンホマレボシ)

リリーノブル(父ルーラーシップ)

ラッキーライラック(父オルフェーヴル)

ロックディスタウン(父オルフェーヴル)

 

以上の馬には要注目です!

 

スポンサーリンク

若駒戦はクラシック血統から入るのが基本!

若駒戦は能力がまだ開花していない馬が多いので、血統面の素質を重要視するのが良いと思います。

今回は人気になりそうなラッキーライラックとロックディスタウンがオルフェーヴル産駒なのですが、オルフェーヴル自身ステイゴールド産駒なので、該当していると見ても良いのかなと。

血統の傾向からみると、米国型のスピードが求められるレースになりやすいという所から、短距離で成績を残している馬でも勝負になるレースなのかなと思います。

昨年でいうとレーヌミノルがダイワメジャー産駒ではありますがこの傾向に該当していますよね。

まあダイワメジャー産駒もクラシック血統と見ても良いと思うのですが、やはり長距離戦になると一枚落ちるので、1600mのここでなら該当すると見ても良いかもしれませんね。

ぜひ相手選びの参考にしていただければと思います。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

皆さんの応援クリックのおかげで少しずつ

ランキングが上がってきました!

本当にいつもありがとうございます!

最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事