2017 第69回 阪神ジュベナイルフィリーズ 過去の傾向

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第69回 阪神ジュベナイルフィリーズの過去の傾向をお届けしたいと思います。

2歳牝馬のチャンピオン決定戦の位置づけであるレースですが、昨年はオークスを制したソウルスターリングが勝利し、一昨年はNHKマイルを制したメジャーエンブレムが勝利しており、3歳クラシックを賑わせている馬が結果を残しているレースとなります。

今年も面白そうな馬が多数出走となっていて、非常に楽しめそうなレースとなっています。

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

過去の傾向

脚質

——————————–
脚質上り 着別度数
——————————–
平地・逃げ 0- 0- 0- 10/ 10
平地・先行 2- 2- 2- 31/ 37
平地・中団 7- 5- 6- 61/ 79
平地・後方 1- 3- 2- 48/ 54
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位 4- 3- 0- 4/ 11
3F 2位 2- 2- 3- 4/ 11
3F 3位 3- 1- 2- 4/ 10
3F ~5位 0- 2- 3- 17/ 22
3F 6位~ 1- 2- 2-121/126
——————————–

 

年齢

——————————
人気 着別度数
——————————
1番人気 4- 1- 1- 4/ 10
2番人気 1- 2- 1- 6/ 10
3番人気 1- 1- 2- 6/ 10
4番人気 1- 1- 2- 6/ 10
5番人気 3- 1- 0- 6/ 10
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10
7番人気 0- 0- 0- 10/ 10
8番人気 0- 2- 2- 6/ 10
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10
10番人気 0- 1- 1- 8/ 10
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10
15番人気 0- 1- 0- 9/ 10
16番人気 0- 0- 0- 10/ 10
17番人気 0- 0- 0- 10/ 10
18番人気 0- 0- 0- 10/ 10
——————————

 

枠番

———————
枠番 着別度数
———————
1枠 3- 1- 0-16/20
2枠 0- 1- 2-17/20
3枠 0- 1- 1-18/20
4枠 1- 1- 0-18/20
5枠 0- 2- 3-15/20
6枠 1- 2- 1-16/20
7枠 3- 1- 1-25/30
8枠 2- 1- 2-25/30
———————

 

生産者

———————————–
生産者 着別度数  勝ち馬が出た生産者のみ
———————————–
ノーザンファーム 7- 5- 2-23/37
社台ファーム 2- 1- 0-15/18
下河辺牧場 1- 0- 0- 2/ 3
———————————–

 

種牡馬

———————————–
種牡馬 着別度数  勝ち馬が出た種牡馬のみ
———————————–
ディープインパクト 2- 1- 1- 7/11
ステイゴールド 1- 1- 1- 5/ 8
アグネスタキオン 1- 1- 1- 2/ 5
キングカメハメハ 1- 1- 0- 4/ 6
ダイワメジャー 1- 0- 1-11/13
スペシャルウィーク 1- 0- 0- 5/ 6
ジャングルポケット 1- 0- 0- 3/ 4
ウォーエンブレム 1- 0- 0- 1/ 2
Frankel 1- 0- 0- 0/ 1
———————————–

 

前走クラス

——————————–
前走クラス 着別度数
——————————–
新馬 1- 1- 2- 12/ 16
未勝利 1- 0- 0- 10/ 11
500万下 3- 2- 1- 46/ 52
OPEN特別 1- 0- 1- 19/ 21
G3 3- 6- 4- 52/ 65
G2 1- 1- 2- 8/ 12
——————————–

[the_ad id=”270″]
スポンサーリンク

これだけはおさえておきたい5つのポイント

中団から上がり3位以内の脚を使える馬

勝ち馬は人気所から

枠は最内か大外の極端な傾向

ノーザン・社台系で9勝!

前走クラスはあまり関係ないが500万下とGⅢが3勝

 

以上のポイントは押さえておいてください!

 

スポンサーリンク

多頭数の若駒戦の特徴

2,3歳の多頭数のレースの特徴とも言えると思いますが、まだ精神的に幼い馬が多いので、折り合いがつかずかなりペースが流れやすい傾向にあるんですよね。

その結果、後ろの馬に展開が向きやすく、昨年・一昨年は先行した馬が勝利していますが、これは馬の力が抜けていて強かったが故の結果ですので、基本的には後ろからレースができるタイプの馬を選ぶのがセオリーなのかなと思っています。

明日はその点も含めて有力馬紹介をお届けしたいと思いますので、お楽しみに。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

 

皆さんの応援クリックのおかげで少しずつ

ランキングが上がってきました!

本当にいつもありがとうございます!

最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事