2017 第18回 チャンピオンズカップ 有力馬紹介 Part2

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第18回 チャンピオンズカップの有力馬紹介 Part2をお届けしたいと思います。

昨日に続き有力馬を紹介していきたいと思いますが、紹介したい馬が本当に多いのでテンポよく見ていきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にしてください!

2017 第18回 チャンピオンズカップ 過去の傾向

2017 第18回 チャンピオンズカップ 有力馬紹介 Part1

 

スポンサーリンク

有力馬紹介

コパノリッキー

JBCスプリント2着からの参戦です。

この馬の好走条件は大体分かっているつもりなのですが、外枠に入って前目につけて他の馬に競りかけられない展開というのが好走条件だと個人的には思っています。

前走は初の1200mでしたが、タイム差なしの2着という結果でした。

まあそこまで相手も強くなかったので好走できたという見方もできるかなとは思いますが、600mの距離延長はどうなんでしょうか。

今までこのレースで3回走って全て着外という結果ですから、ここにきて勝つイメージはあまり沸かないですよね。

今年で引退表明をしていることから記念馬券が売れそうなので、人気するようなら切りたい一頭ですね。

 

ゴールドドリーム

マイルCS南部杯5着からの参戦です。

この馬は能力はかなりある馬だとは思うのですが、一つ致命的な欠点があって、それが出遅れが多い事です。

前走、昨年のチャンピオンズカップ共に出遅れての負けと、本当に出遅れる事が多い馬なんですよね。

しかも中京ダート1800mはゲートが坂の途中にあるので、より出遅れやすい条件なので、そこが一番の不安材料です。

フェブラリーSのように芝スタートだと良いのですが、この舞台では自信を持って本命には推しにくい馬です。

 

サウンドトゥルー

JBCクラシック勝利しての参戦です。

昨年のチャンピオンズカップ勝ち馬で、この馬が勝利する時はペースが速くなって後ろの馬に展開が向いた時ですね。

とは言っても、毎回堅実に脚を使って馬券内には入ってくる馬なので、能力はトップクラスだと思います。

昨年のチャンピオンズカップは前掛かりになり直線縦長の隊列になったこともあって、ロスなく後方から追い込んで来れたのが勝因ですね。

一昨年も3着に来てることからもこの条件は合いますから、馬券の軸には適しているのかもしれません。

ただ人気もするでしょうから、頭で狙う旨みは無いかと思います。

 

テイエムジンソク

みやこS勝利しての参戦です。

デビューからずっとダートで走ってきている馬で、ここ最近の成績は目を見張るものがありますね!

前に行って早め抜け出しから長く良い脚を使うタイプの馬で、まさにダートの王道の勝ち方ができるタイプの馬ですね。

ただ、個人的には不安な点がいくつかあって、まずは古馬の有力所とまだ対戦したことがないという事が一つ、中京ダートは走った経験がないという事が一つ、鞍上の古川騎手がまだGⅢしか勝ったことがない事が挙げられます。

成績からかなり人気しそうな馬ですし、ダート路線は上がり馬がそのまま勝てるほど甘くはないと思っているので、本命にする事は無いと思います。

 

ノンコノユメ

武蔵野S4着からの参戦です。

前走は長期休養明けでの4着という事から、今回の方が走れる体制にはなっていると思います。

ただ、昨年のいつだったかは忘れましたが去勢手術をしてから成績が全く振るわず、ここで頭まで来るかと言われると難しいですかね。

一昨年のチャンピオンズカップで2着に来ており、今までずっとC.ルメール騎手が乗っていたことを考えると、陣営のこの馬に対する期待は大きいのかもしれませんね。

追い切りなどで体調はしっかりとチェックする必要はありますが、一発狙う価値はあるかもしれませんね。

 

ミツバ

JBCクラシック3着からの参戦です。

この馬の特徴はいまいち分かっておらず、脚質もなかなか定まっていない事もあり、なかなか評価が難しい一頭です。

昨年のブラジルカップの超絶大逃げがとても印象に残っている馬なのですが、今回はどんな競馬をするのかがポイントですね。

前走はきつい流れの中、前に行って馬の中では先着していますから、頭まではイメージしにくいですが人気次第ではヒモには入れておきたい馬ですかね。

 

ロンドンタウン

コリアカップ勝利しての参戦です。

前々走のエルムSではテイエムジンソクを破りレコードでの勝利と、あまり人気もしなさそうなので現段階では結構気になっている馬です。

ただこの馬も有力所と戦っていないので、力関係が分かりにくい所はありますが、岩田騎手という事で内枠入ってイン突きというのも面白いのかなと。

これといって推したい材料は多くは無いのですが、本命候補の一頭ではあります。

枠の影響はとても大きい!

ダートは内でもまれるとダメな馬とか砂をかけられるとダメな馬などが多く、スタートも非常に大事なので、枠の影響はとても大きいです。

あとは展開をどこまで読めるかなのですが、パッと見た感じ絶対この馬が逃げるだろうという馬がいないので、ちょっと展開が読みにくいですね。

そこも枠次第かとは思うのですが、兎にも角にも枠順が重要なので、まずは枠順発表を待ちましょう。

明日は血統分析をお届けしたいと思いますので、ぜひお楽しみに。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

皆さんの応援クリックのおかげで少しずつ

ランキングが上がってきました!

本当にいつもありがとうございます!

最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事