皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第18回 チャンピオンズカップの有力馬紹介をお届けしたいと思います。

ダート路線は層が厚く、チャンスがありそうな馬が多数出走予定なので、今回は二回に分けて有力馬を紹介していきますので、よろしくお願いします。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にしてください!

2017 第18回 チャンピオンズカップ 過去の傾向

 

スポンサーリンク

有力馬紹介

アウォーディー

JBCクラシック4着からの参戦です。

前走は内枠に入り緩みのないペースになったのもあって、この馬にはちょっと厳しい流れになりました。

この馬は内でもまれるとダメなタイプの馬なので、内枠に入るのは良くないと思います。

能力的にはトップクラスだと思いますし、脚質もここに合っているので、枠と展開次第ってところでしょうか。

昨年の2着馬ですし、最近の成績はパッとしませんが軽視はできないと思います。

 

アポロケンタッキー

JBCクラシック8着からの参戦です。

前走はペースが速くなったのもあってか道中の位置がいつもよりは後ろからだったのが良くなかったのかもしれませんね。

基本的には前につけてちょい差しという競馬なので、スタート決めて前に行けないと厳しいかもしれません。

後は鞍上が内田騎手という事で、地方ダートは得意だとは思うのですが中央のこのメンツ相手では厳しいような気もします。

頭までは厳しいですかね。

 

カフジテイク

武蔵野S5着からの参戦です。

競馬がいつも後ろからなので前掛かりになる展開にならないときついと思いますし、1800mはこの馬にとっては長いので、中距離適性の高い馬が好走するこの舞台では狙いにくいです。

ただ、確か鞍上がC.ルメール騎手の予定だった気がするので、そこは注意が必要ですが、距離不安があるという事は後方で折り合いをつけて直線勝負という競馬になる可能性が高いと思いますので、あまり狙いたい馬ではありません。

人気しないのであればヒモに入れるぐらいでしょうか。

グレンツェント

JBCクラシック5着からの参戦です。

ここ最近はあまり良い成績を残せておらず、明確な理由はあまり分からないのですが、一つは以前好走していた時は斤量の恩恵があった事かと思います。

まあ前走は休み明けだったのもありますし、中京1800mの実績もありますから、全然人気しないようなら一発狙ってみても面白いかもしれません。

個人的に好きな馬なので、ぜひ頑張ってもらいたい一頭です。

 

ケイティブレイブ

JBCクラシック2着からの参戦です。

この馬はデビューからほとんど休みなしで走ってきており、3走前は好メンバーが揃った帝王賞で勝利しているという事もあり、注目の一頭ですね。

成績も安定してますし長い距離で走ってきている馬なので、現段階では本命候補の一頭です。

前で競馬できる馬ですし、帝王賞では強烈な末脚も見せてくれましたから、中央の馬場が合っているかは分かりませんが、期待したいですね。

 

今日はここまで!

本日は5頭の紹介で終わりにしたいと思います。

記事の打ち始めが遅かったのもあるので、ちょっと少ないですが今日はこの辺で勘弁してください( ;∀;)

ざっとみてもまだまだ有力馬が控えているので、明日はちょっと多くなるかもしれませんが楽しみにお待ちいただければと思います。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

 

皆さんの応援クリックのおかげで少しずつ

ランキングが上がってきました!

本当にいつもありがとうございます!

最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサードリンク