2017 第34回 マイルCS レース回顧

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第34回 マイルCSのレース回顧をしていきたいと思います。

秋のマイル王決定戦ですが、果たしてどの馬が勝利を手にしたのでしょうか。

早速見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

レース回顧

レース結果

1着 ペルシアンナイト M.デムーロ 1.33.8

2着 エアスピネル R.ムーア ハナ

3着 サングレーザー 福永 1/2

 

5着◎イスラボニータ

 

秋のマイル王に輝いたのはペルシアンナイトでした!

・・・皆さんの気持ちを代弁したいと思います。

「またお前か!!!」

 

まさか大外で3歳で不利なのは間違いない中で頭まで突き抜けてくるとは思いもしませんでした。

ほんとここまで凄いとなんか色々と予想しているのがアホらしく思えてきますw

オークスからGⅠを連続で3着以内になっていますが、オークスから複勝1000円を転がすと、今日の結果で470万円になっていることが分かりましたw

もうGⅠで相手を選ぶ際はデムルメは外せませんよねー。

 

2着にはエアスピネルが入選しました。

ゴール直前でペルシアンナイトに差されてしまいましたが、悲願のGⅠ勝利までもう少しでしたね。

あの競馬をして差されてしまうんだからもう何も言えませんw

 

3着にはサングレーザーが入選して、なんと3歳牡馬が2頭も馬券内に入ってくるという結果となりました。

血統的にはこの馬がバッチリだったので、上手く乗れば一発あるかなと思っていましたが、案の定入ってきました。

この夏からとんとん拍子に勝ち進んできて、GⅠでも着差のない3着に入ってくるんだから、やはり実力があるのは間違いないのでしょう。

[the_ad id=”270″]

本命のイスラボニータはスタート決めて良し!と思ったのですが、エアスピネルをマークする為かちょっと後ろに下げすぎた感は否めません。

直線向いた時も結構外に回さなければいけなくて、しかもコーナー回った所で直線不利もありまして、そこから伸びてくるも届かず5着という結果になりました。

道中は10番手からの競馬になっていましたから、そこまで切れる脚がないイスラボニータにはちょっと厳しいレースになりましたね・・・

 

レース展開

ハナに立ったのは予想通りマルターズアポジーでした。

いいスタートを決めてすんなり先頭に立ち、ハナ争いは無いものの、先行集団はやや固まりました。

エアスピネルは先行集団の後ろの7,8番手ほどからの競馬になり、それを見るように内にサングレーザー、外にイスラボニータといった隊列で、ペルシアンナイトは後方から3番手からの競馬となりました。

前半800mは46.7で平均ペースで流れ、コーナーに差し掛かったところでペルシアンナイトがエアスピネルと同じところをするすると上がっていきました。

イスラボニータは外に出して追い出そうとしますが、前が塞がってしまいさらに外に追い出さなければならないロスがありました。

ゴール前200m程でエアスピネルが先頭に立ち、勝利するかに思われたその時、ペルシアンナイトが猛烈に追い込んできてゴール前で差し切って勝利となりました。

 

M.デムーロ騎手のあの追い込みは流石に鳥肌が立ちましたね。

もう今のM.デムーロ騎手は誰にも止められないのかもしれません・・・

 

スポンサーリンク

今年の3歳牡馬って結局強いのでは?

まさかこのレースで3歳牡馬が2頭も入線するとは思いもしませんでした。

今年の3歳牡馬はレベルが低いと言われ続けていましたが、果たして本当にそうなのでしょうか。

もちろん3歳全体を見るのではなく個々に見なければいけないのですが、ちょっと侮れない世代ですよね。

来週は今年のダービー馬レイデオロが3歳牡馬を代表して昨年の年度代表馬に挑むわけですが、とても面白い一戦になりそうで今からワクワクしています。

明日からまたジャパンカップの予想をしていきたいと思いますので、お楽しみに。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

 

皆さんのクリックに支えられております。
いつもありがとうございます!

最強競馬ブログランキングへ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事