皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第34回 マイルCSの有力馬紹介をお届けしたいと思います。

昨今のマイル路線はモーリスが引退してからちょっと物足りないメンバーになっており、なかなか予想が難しいなと感じています。

その中でも注目ポイントは、ムーア騎手に乗り替わりとなったエアスピネルとGⅠ9連続馬券圏内という大記録を継続中のM.デムーロ騎手騎乗のペルシアンナイトをどう判断するかだと思います。

その他にもチャンスがありそうな馬が多数出走予定ですので、今回も幅広く見ていきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2017 34回 マイルCS 過去の傾向

 

スポンサーリンク

有力馬紹介

イスラボニータ

富士S2着からの参戦です。

前走は重馬場の中、エアスピネルをマークしてレースを運び、直線で外を回しての2着というのは評価できる内容だったと思います。

今年で6歳になりますが、なかなかGⅠが取れず苦汁を飲まされているわけですが、今回が最後のGⅠ取りのチャンスになりそうですね。

昨年のマイルCSで2着に入線していることからも舞台適性は問題ありませんし、注目の一頭であることは間違いないです。

後はどこまで人気するかがポイントですかね。

 

エアスピネル

富士S勝利しての参戦です。

前走はかなり重い馬場の中、馬場の良い所を走って早め抜け出しからの完勝でした。

京都の成績も2-1-1-0と安定しており、まだ掲示板から外れたことがありませんから、安定の軸候補ではあります。

後はムーア騎手への乗り替わりをどう取るかがポイントだとは思いますが、最近のムーア騎手の成績を見ているとちょっと不安の方が大きいですよね。

ムーア騎手は武豊騎手と違って追えるジョッキーですから、そこがどう出るかがポイントだと思います。

狙う価値はあると思いますが、やはりムーア騎手への乗り替わりという点がどうしても引っ掛かります。

 

レッドファルクス

スプリンターズS勝利しての参戦です。

今までずっと騎乗していたM.デムーロ騎手からC.デムーロ騎手への乗り替わりになります。

スプリント路線では1番強いと言っても過言ではない馬だとは思いますが、陣営としては種牡馬の価値を高めるためにスプリントだけでなくマイルの称号も欲しい所だと思います。

安田記念で3着に来ていることからもマイルがダメという事は無いと思いますが、間違いなく距離不安はあると見ています。

この馬の末脚を発揮するためには外を回さないといけないと思いますが、距離不安がある中で外を回すのは避けたい所ですよね。

京都は最終コーナーで内が開くので、そこを上手く突ければ面白いと思いますが、京都コースは初体験でどっちに転ぶか分かりませんよね。

C.デムーロ騎手の好騎乗があれば一発あってもおかしくはないとは思いますが、どうでしょうか。

 

ペルシアンナイト

富士S5着からの参戦です。

前走は重馬場が合わなかったが故の結果だと思いますので、初の古馬との戦いで掲示板に乗るまで走って来れたのは良かったのかなと思います。

今回は神がかってるM.デムーロ騎手が継続騎乗という事で、やはり注目の一頭ではあります。

ただ、今回大外に入ってしまい、古馬との斤量差が1kgと3歳牡馬には鬼門のレースになっていますから、さすがに今回は頭までは難しいのかなと思います。

もちろん、馬券のヒモには必ず押さえておく必要はあると思いますw

 

サトノアラジン

天皇賞・秋18着からの参戦です。

前走は完全に馬場が合わなかったのが原因で、途中でほとんど競馬していませんから、度外視でいいと思います。

ただ、この馬が走る時っていうのはある低条件が決まっていて、外枠に入って良馬場でペースが早くなった時なので、内枠に入って馬場も重くなりそうな今回はちょっと頭までは厳しいと思っています。

良くてヒモに入れておくぐらいでしょうか。

 

結構ヒモ荒れしそうな予感

以上有力馬の紹介をしましたが、結構チャンスがありそうな馬が多くまあまあ荒れそうな予感がしています。

後はペースによっても変わってくると思いますし、馬場がどこまで回復するかでもガラッと変わってくると思いますので、その点はしっかりと判断する必要がありますね。

次は血統分析をお届けしますので、そちらも宜しければ参考にしてください!

 

皆さんのクリックに支えられております。
いつもありがとうございます!

最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサードリンク