皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第34回 マイルCDの過去の傾向をお届けしたいと思います。

 

今週は旅行に行っており、更新が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

また改めてしっかりと更新していきたいと思いますのでよろしくお願いします!

 

今週はマイルCSという事で、京都で行われるマイル王者決定戦が開催されます。

注目はエアスピネルにムーア騎手が乗り替わりになるという点でしょうか。

武豊騎手が負傷したとはいえこれは驚きでしたねー!

陣営としても万全の状態でGⅠに挑戦したいという事だと思いますので、まあしょうがない事ではありますが、個人的にはあまり喜ばしい乗り替わりではないですかね・・・

 

各馬に関しては次の記事で詳しく見ていくとして、今回は過去の傾向を見ていきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

過去の傾向

脚質

——————————–
脚質上り 着別度数
——————————–
平地・逃げ 1- 1- 0- 8/ 10
平地・先行 2- 2- 2- 31/ 37
平地・中団 6- 5- 5- 63/ 79
平地・後方 1- 2- 3- 47/ 53
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位 3- 3- 1- 7/ 14
3F 2位 2- 0- 2- 7/ 11
3F 3位 2- 0- 1- 9/ 12
3F ~5位 1- 2- 0- 14/ 17
3F 6位~ 2- 5- 6-112/125
——————————–

 

年齢

———————————
年齢 着別度数
———————————
3歳 0- 0- 1- 30/ 31
4歳 3- 5- 3- 25/ 36
5歳 4- 4- 5- 44/ 57
6歳 2- 1- 1- 31/ 35
7歳 0- 0- 0- 14/ 14
8歳 1- 0- 0- 5/ 6
———————————

 

枠番

———————
枠番 着別度数
———————
1枠 1- 1- 1-17/20
2枠 1- 1- 1-17/20
3枠 2- 0- 1-17/20
4枠 2- 5- 0-13/20
5枠 0- 1- 0-19/20
6枠 1- 0- 1-18/20
7枠 1- 1- 5-22/29
8枠 2- 1- 1-26/30
———————

 

人気

——————————
人気 着別度数
——————————
1番人気 2- 3- 2- 3/ 10
2番人気 1- 2- 1- 6/ 10
3番人気 1- 2- 0- 7/ 10
4番人気 3- 1- 1- 5/ 10
5番人気 1- 0- 2- 7/ 10
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10
7番人気 0- 0- 1- 9/ 10
8番人気 1- 0- 0- 9/ 10
9番人気 0- 0- 1- 9/ 10
10番人気 0- 0- 1- 9/ 10
11番人気 0- 1- 0- 9/ 10
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10
13番人気 1- 0- 0- 9/ 10
14番人気 0- 1- 0- 9/ 10
15番人気 0- 0- 0- 10/ 10
16番人気 0- 0- 0- 10/ 10
17番人気 0- 0- 0- 10/ 10
18番人気 0- 0- 0- 9/ 9
——————————

 

生産者

———————————–
生産者 着別度数  勝ち馬が出た生産者のみ
———————————–
ノーザンファーム 3- 2- 2-30/37
社台ファーム 2- 3- 2-29/36
社台コーポレーショ 1- 2- 1- 9/13
下河辺牧場 1- 0- 1- 4/ 6
Silk and Scarlet S 1- 0- 0- 1/ 2
Edition Farm 1- 0- 0- 1/ 2
戸川牧場 1- 0- 0- 0/ 1
———————————–

 

種牡馬

———————————–
種牡馬 着別度数  勝ち馬が出た種牡馬のみ
———————————–
ディープインパクト 3- 2- 2-25/32
フジキセキ 1- 1- 2- 6/10
サンデーサイレンス 1- 0- 1- 4/ 6
ミラクルアドマイヤ 1- 0- 0- 2/ 3
Giant’s Causeway 1- 0- 0- 2/ 3
アドマイヤベガ 1- 0- 0- 1/ 2
Forest Wildcat 1- 0- 0- 1/ 2
スクリーンヒーロー 1- 0- 0- 0/ 1
———————————–

 

前走レース

—————————–
前走レース名 着別度数  勝ち馬が出たレースのみ
—————————–
天皇賞秋G1 3- 0- 1-14/18
富士SG3 2- 3- 1-43/49
スワンSG2 1- 5- 1-35/42
スプリンG1 1- 1- 1- 6/ 9
京都大賞G2 1- 0- 0- 1/ 2
安田記念G1 1- 0- 0- 4/ 5
府中牝馬G3 1- 0- 0- 2/ 3
—————————–

 

これだけはおさえておきたい5つのポイント

中団からある程度の上がりが使える馬

4,5歳の活躍が目立つ!3歳はボロボロ

勝ち馬は人気所から

ノーザン・社台系で6勝

ディープインパクト産駒が3勝

 

以上のポイントは押さえておいてください!

 

今週からCコース変わりで変化はあるのか

以上過去の傾向をお届けしました。

傾向的には差し馬有利のレースになりそうですが、先週の京都を見ていると完全に内の前残りでしたよね。

その点がCコース変わりでどうなるかがまずはポイントです。

とは言っても、大雨開催の影響で良い馬場で競馬ができるという事はないでしょうから、そこまで大きく傾向が変わるようなことはないのではないかなと思います。

後は過去の傾向でポイントになりそうなのが、3歳馬の成績が振るわない点ですね、

なぜ3歳馬が活躍できていないのかを個人的に考察してみますと、理由は分かりませんがマイルCSは古馬と3歳馬の斤量差が1kgしかありません。

そして、3歳馬の斤量が56kgになった年が2001年からなのですが、2000年より前では3歳牡馬は活躍している傾向にありました。

このデータを考慮するとやはり古馬との斤量差が、ここ最近の3歳勢の成績不振に繋がっているのかなと考えています。

その点も踏まえまして、次は有力馬紹介をお届けしたいと思いますのでお楽しみに。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

皆さんのクリックに支えられております。
いつもありがとうございます!

最強競馬ブログランキングへ

 

スポンサードリンク