皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第60回 スワンSの推奨馬をお届けしたいと思います。

まず一つ、言いたいことがあります。

いつになったら雨止むんですか?ww

ここ最近雨の競馬が続き過ぎて馬場が読めないわ予想は難しいわで、ちょっと嫌になっていますw

まあ自然に文句言ってもしょうがないのですが、そろそろパンパンの良芝でのレースが見たいですよね・・・。

嘆くのはここら辺にして、しっかりと馬場を含めて予想していきたいと思いますので、お付き合いのほどよろしくお願い致します。

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2017 第60回 スワンS 過去の傾向

2017 第60回 スワンS 有力馬紹介

2017 第60回 スワンS 血統分析

 

スポンサーリンク

レース予想

明日の馬場予想

明日は先ほどもお伝えした通り雨予報となっていますので、どのくらい降るかは分かりませんが稍重~重馬場になると想定したいと思います。

また、京都競馬場は先週の菊花賞を見ていても分かるように、かなり内の馬場が荒れています。

ですので、過去の傾向でも外枠有利ですが、より内の馬には厳しい展開になるかもしれませんね。

あとは前後ろのどちらが有利の馬場になるかなのですが、正直明日の馬場を見てみないと分かりませんね。

少なくとも、内よりは外の方が伸びる馬場になっていると思います。

 

レース展開

ハナを切るのはセイウンコウセイかダノンメジャーになると思います。

その番手に内からヒルノデイバロー、キャンベルジュニア辺りが付けて、

中団・後方にはレッツゴードンキ、サングレーザー、ミスエルテ、カラクレナイが控えるという隊列になると思います。

ペースですが、重い馬場になりそうというのと、逃げ予想の2頭は速いペースで逃げるタイプの馬ではないので、内を避けて外々を走らされるという点でも結構ゆったりしたペースになるのではないかと想定しています。

ですので、前目で競馬できる馬の方が良いのかなと考えています。

 

推奨馬

以上を踏まえてクラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

◎ダノンメジャー

 

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、まずこの馬は京都で4回走って2-2-0-0と100%連対しています。

また、重馬場でも2-0-0-0と道悪は得意としています。

今回は外枠に入ったので競馬はしやすいと思いますし、逃げがとても上手で京都コースを得意としている武豊騎手騎乗という事で、そこまで人気もしないと思いますし面白い一頭かなと考えています。

また、この馬は初の1400mになるのですが、ダイワメジャー産駒という事で距離短縮が全くダメというわけではないと思いますし、今回は外々を回らされるという事で、ある程度スタミナがあった方が良いと思っています。

古馬の重賞で全く走れていない所を考えるとちょっと厳しいかなと感じる所はありますが、京都の重馬場という条件が合っていると思いますので、今回はこの馬を推奨馬に挙げたいと思います。

 

どこまで馬場が悪化しているのかがポイント

今回は重馬場になるという推測の下、推奨馬を挙げていますが、明日の馬場次第では全く違う展開になるかもしれませんので、まずは馬場を要チェックですね。

内の荒れ具合と馬場の渋り具合が明暗を分けると思いますので、とても気になる所です。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

スポンサードリンク