皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第60回 スワンSの有力馬紹介をお届けしたいと思います。

今年の出走メンバーを見ると前走スプリンターズSを走った馬もいれば、3歳牝馬を賑わせてきた馬もいてなかなか面白いレースになりそうです。

特に今年の3歳牝馬は古馬相手にもいい勝負をしていますので、注目したいですね。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2017 第60回 スワンS 過去の傾向

 

スポンサーリンク

有力馬紹介

レッツゴードンキ

まずはレッツゴードンキです。

スプリンターズS2着からの参戦です。

前走は内枠を活かして岩田騎手お得意のイン突きをしてあわや勝利というレースでしたが、残念ながらレッドファルクスに差されてしまい2着に負けてしまいました。

休み明け初戦で調整も順調ではないという報道もありましたが、そんなの全く気にならないぐらいのレースっぷりでした。

今回はきっと1番人気に推されるとは思いますが、前走は展開がはまっての2着という風に見ることもできますので、そこまで信頼できる馬ではないのかなというのが率直な意見です。

また内枠を引いたら面白いですが、オッズ次第ですかね。

 

セイウンコウセイ

次にセイウンコウセイです。

スプリンターズS11着からの参戦です。

前走はコーナーを回る時には手応えなく馬群に埋もれていってしまいました。

その時のレース回顧でも書いたのですが、この馬は基本的に高松宮記念の様な上がりのかかるレースでこそ力を発揮できるタイプの馬だと思っていて、今回は馬場が重くなる可能性があるので、ちょっと面白いかなと考えています。

ただ、今回斤量が58kgと最重量であり、3歳牝馬に比べると6kg差ですから、そうなると展開に大きく左右されそうなこの馬を買うのはリスクが高いのかなと。

枠と馬場次第ですが、人気するようなら切ってもいいのかなと思います。

 

サングレーザー

次にサングレーザーです。

1600万下を勝利しての参戦です。

今回の出走馬の中では一番の上がり馬で、この夏に500万下から3連勝でここに挑んできます。

過去の傾向からは1600万下勝ち馬の好走が目立ちますのでここでも注目です。

しかし、いかんせん今年の3歳牡馬が古馬に通用していない事を考えると、今回の出走馬との比較が難しいですね。

今回鞍上がC.デムーロ騎手に乗り替わるのですが、陣営としてはこの馬に期待しているという裏返しだと思いますので、注目の一頭ですね。

 

カラクレナイ

次にカラクレナイです。

ローズS14着からの参戦です。

前走はハイペースの中、距離延長もあり先行したのもありで、短距離向きのこの馬にはきつい競馬になりました。

春には1400mのフィリーズレビューを大外一気で勝利しているので、1400mへの短縮は間違いなくプラスです。

また斤量も52kgでの出走なので、アドバンテージは大きいです。

ですが、NHKマイルで大敗した時に、確か原因がよく分からない負け方だったような気がするので、ここ2走の負けを見ると狙いにくい馬ではあります。

ただ、M.デムーロ騎手に乗り替わりという所で、なかなか消すに消せない一頭ですよね。

ここで復活してもおかしくはないと思いますので、こちらも注目の一頭です。

 

ミスエルテ

最後にミスエルテです。

NHKマイル7着からの参戦です。

昨年の冬にフランケル産駒の期待の一頭としてデビューして、圧倒的な強さで2連勝したのは良いのですが、朝日フューチュリティSで牡馬に挑むが4着と負けてしまい、そこからなかなか復調の気配が見られない馬です。

ファンタジーSでの勝ちっぷりはすごかったのですが、気になるのはデビューから馬体が減り続けている所ですね。

確か飼葉食いが悪く全然馬体が戻らず調整に難航しているという記事を春に見かけた気がするのですが、まずは馬体がどこまで回復しているのかがポイントだと思います。

気性が荒い馬なので距離短縮は良いと思いますが、馬体を見ないと分からないので、前日予想のこのブログで本命にすることはないと思います。

 

スポンサーリンク

3歳がどこまで好走できるか注目ですね!

以上有力馬紹介をしてきましたが、古馬のGⅠを好走している馬もいれば今年のクラシックを賑わした馬もいて、なかなか面白い一戦だと思います。

他にも函館スプリントをレコード勝ちしたジューヌエコールや、マイルで好走していたキャンベルジュニアなどなかなかのメンバーが揃いましたね。

明日は血統分析をお届けしたいと思いますので、お楽しみに。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事