皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第78回 菊花賞の推奨馬をお届けしたいと思います。

3歳牡馬のクラシック最後の菊花賞ですが、現在台風が近づいてきており重馬場もしくは不良馬場での開催という事でなかなか難解なレースになりそうです。

また、内枠が有利のレースですが、有力所が外枠に入ってしまったという事で、荒れる匂いがプンプンしていますw

という事で、人気薄の馬も含めて色々と考えてみたので、ぜひお楽しみに。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2017 第78回 菊花賞 過去の傾向

2017 第78回 菊花賞 有力馬紹介

2017 第78回 菊花賞 血統分析

 

スポンサーリンク

レース予想

本日の馬場傾向

本日は皆さんご存知の通り重馬場でして、雨の量や雨雲の動きを見ていると、明日はほぼ不良馬場になってしまうのではないかと思っています。

本日の馬場の傾向を見ていると、前半のレースでは差しが届いていましたが、後半のレースではほぼ不良馬場に近い状態の中、勝ち馬はどちらも逃げ馬であり、逃げたのにも関わらず上りは1位2位と完全に前が止まらないレースになっていました。

また、上りのタイムも35,6秒台とかなり時計のかかるレースになってます。

明日はさらに雨が降ると思いますので、この傾向はより顕著に出る可能性があります。

よって、とにかく逃げ・先行して競馬ができる馬をには注目する必要があります。

 

レース展開

今回は内の方に前に行きたい馬が多いので、まずはウインガナドル、アダムバローズ辺りが逃げると思いますが、他にも内にはスティッフェリオ、クリンチャーと前に行きたい馬がいますので、先行集団はこの辺りになると思います。

後は外からサトノクロニクル、ポポカテペトル、ダンビュライト、アルアイン、マイスタイル辺りが前に行くのかなと思います。

明らかに後方からの競馬をする馬はあまりいませんが、中団につけたいのはサトノアーサー、トリコロールブルー、ベストアプローチ、キセキではないでしょうか。

正直この馬場だと全馬ある程度は前目で競馬がしたいと思いますので、位置取りは結構変わってくるのではないかと。

ペースは菊花賞ですし道悪ですしスローになるのは間違いないのですが、結構前に行きたい馬が多いので、案外思っているよりはペースが流れるのではないかとも考えています。

いずれにしても、中団よりは前で競馬ができる馬でないと厳しいと思います。

 

推奨馬

以上を踏まえましてクラッツの推奨馬は・・・

 

 

 

 

◎サトノクロニクル

 

 

 

にしたいと思います。

理由ですが、まずは前目で競馬ができる馬という所は間違いないのですが、他のポイントとしてはまず血統にロベルトとニジンスキーの血が入っており、長距離には重要なトニービンの血も入っています。

他には元々陣営が菊花賞向きの馬と話していた馬で、前で競馬をしてぼちぼちの上がりを使えているという点では菊花賞の傾向に当てはまりますし、血統的にも重い馬場はそこまでマイナスにはならないと見ています。

前走のセントライト記念に関しては、プラス12kgの余裕残しで出走し、結果は3着でしたが最終コーナーで追い出した後、前が塞がってしまいブレーキをかけざるを得なかったという不利がありましたので、そこを考えると2着ぐらいまではあったのではないかと思います。

また、この馬は京都で1-2-0-0と京都巧者であり、エンジンがかかるのが遅い馬なので下り坂を利用して加速できる京都の舞台は合っているのかなと考えています。

鞍上も乗り替わりではありますが、福永騎手というのはマイナスにはならないと見ていて、過去に不良馬場でエピファネイアを勝利に導いていますし、昨年、一昨年と馬券内に絡んでいますので、ここでも一発あっておかしくないと思います。

 

以上サトノクロニクルを推奨馬に選んだ理由を書いてきましたが、正直ここまで馬場が悪くなると何が起きてもおかしくないと思いますので、内枠で前に行ける人気薄の馬を選んでも良いかなと考えたのですが、あまり推せる材料がなかったので理由付けができるこの馬で勝負したいと思います。

 

 

過去最高配当が出てもおかしくない

今年の菊花賞はダービー3着以内の馬が一頭も出走しないばかりか、有力馬が外に行ってしまい先行できる人気薄の馬が内に固まっていますので、3連単数百万もありえますよね。

ここまで馬場が悪化して初の長距離戦となると何が起きても不思議ではないので、トリガミ覚悟で3連単7頭とか8頭のBOXを買ってみても面白いかもしれませんw

困難を極めるレースですが、事故だけは起こらないように願いたいですね。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

スポンサードリンク