皆さんこんばんは。期待値ハンタークラッツです。

本日は2017 第20回 富士Sの有力馬紹介をお届けしたいと思います。

今年は骨っぽいメンバーがちらほらと見受けられますね。

GⅠ馬がいたり今年の3歳を賑わした馬がいたりと、なかなか楽しみな一戦であります。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2017 第20回 富士S 過去の傾向

 

スポンサーリンク

有力馬紹介

イスラボニータ

まずはイスラボニータです。

安田記念8着からの参戦です。

3年前の皐月賞馬ですが、ここ最近はマイル路線で戦っていますね。

この馬はなんとも勝ち切れない馬で、古馬のGⅠで何度も2,3着に入ってきているのですが、6歳になってどうでしょう?という所がキーポイントになりますね。

GⅢのここではやれてもおかしくないのですが、きっと人気するでしょうから頭では狙いにくいかなと思っています。

目標は間違いなくマイルCSでしょうから、狙うなら次ですかね。

 

エアスピネル

次はエアスピネルです。

札幌記念5着からの参戦です。

3歳クラシックの菊花賞を使った後マイル路線で使い始めたのですが、前走は2000mの札幌記念を使ってきた辺り、陣営もちょっとどの路線で使っていくか迷っているのかもしれませんね。

個人的には好きな馬ですし、言うほど負けてもいないので、是非ともGⅠを取ってもらいたいなと思っています。

充実期を迎える4歳ですしここでも通用すると思いますので、注目している一頭です。

 

ペルシアンナイト

次にペルシアンナイトです。

ダービー7着からの参戦です。

皐月賞はデムーロ騎手の好判断で2着という結果でしたが、それまではマイル中心に使われていた馬で、ハービンジャー産駒にしては切れる脚が使えるタイプです。

今勢いに乗っているハービンジャー産駒ですので、ここでも侮れない一頭ですね。

騎手もデムーロ騎手に手が戻るのかな?と思いますので、楽しみですね。

 

グランシルク

次はグランシルクです。

京成杯オータムハンデを勝利しての参戦です。

ここ最近は重賞でずっと2,3着で足踏みしていた馬ですが、前走田辺騎手に乗り替わりになってようやく重賞を勝利する事ができました。

今まで東京中心に使われてきており、相性も悪くないので、このまま勢いに乗って連勝する可能性は高いと思います。

毎回良い上りも使えていますので、ここでも好勝負が期待されます。

 

サトノアレス

最後にサトノアレスです。

函館記念6着からの参戦です。

2歳の時にGⅠのフューチュリティSを勝利しており、今回はその時以来のマイル戦となります。

個人的には距離延長すると足が持たないのでマイル路線に向かってきたのはプラスかなと思っていますが、今回は相手が強いのでそこがどうかなという印象です。

前走は札幌の重馬場という特殊な条件かつ2000mという所が響いたのかもしれませんが、今回誰が手綱を取るのかも気になりますね。

 

見ごたえのあるレースになりそう

以上有力馬を紹介してきましたが、個人的に気になるのは3歳勢がどこまで古馬相手に通用するのかという所ですかね。

しかもイスラボニータ、エアスピネルといったGⅠでも好走している馬がいますので、とても気になる一戦です。

明日は血統分析をお届けしたいと思いますのでお楽しみに。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

スポンサードリンク