皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第65回 府中牝馬Sの過去の傾向をお届けしたいと思います。

エリザベス女王杯に向けてのステップレースとして開催される本レースですが、GⅠ馬が3頭出走する予定となっています。

昨年はクイーンズリングがここを勝ってエリザベス女王杯を制しましたが、今年はどの馬が勝利するのでしょうか。

早速見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

過去の傾向

脚質

——————————–
脚質上り 着別度数
——————————–
平地・逃げ 1- 0- 0- 10/ 11
平地・先行 3- 6- 3- 22/ 34
平地・中団 3- 1- 4- 60/ 68
平地・後方 3- 3- 3- 36/ 45
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位 3- 2- 1- 5/ 11
3F 2位 2- 1- 3- 6/ 12
3F 3位 2- 0- 1- 7/ 10
3F ~5位 1- 1- 1- 24/ 27
3F 6位~ 2- 6- 4- 86/ 98
——————————–

 

人気

——————————
人気 着別度数
——————————
1番人気 0- 4- 2- 4/ 10
2番人気 0- 1- 3- 6/ 10
3番人気 1- 1- 2- 6/ 10
4番人気 5- 1- 0- 4/ 10
5番人気 1- 2- 1- 6/ 10
6番人気 0- 0- 0- 10/ 10
7番人気 1- 0- 1- 8/ 10
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10
10番人気 1- 0- 0- 9/ 10
11番人気 1- 0- 1- 8/ 10
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10
14番人気 0- 1- 0- 6/ 7
15番人気 0- 0- 0- 7/ 7
16番人気 0- 0- 0- 7/ 7
17番人気 0- 0- 0- 5/ 5
18番人気 0- 0- 0- 2/ 2
——————————

 

年齢

———————————
年齢 着別度数
———————————
3歳 0- 0- 2- 0/ 2
4歳 5- 3- 4- 43/ 55
5歳 5- 6- 2- 56/ 69
6歳 0- 1- 2- 19/ 22
7歳 0- 0- 0- 9/ 9
8歳 0- 0- 0- 1/ 1
———————————

 

斤量

———————————–
斤量 着別度数
———————————–
51.5~53kg 0- 0- 2- 0/ 2
53.5~55kg 10- 10- 8-123/151
55.5~57kg 0- 0- 0- 5/ 5
———————————–

 

枠番

———————
枠番 着別度数
———————
1枠 0- 2- 2-13/17
2枠 1- 1- 0-15/17
3枠 0- 1- 2-14/17
4枠 2- 2- 0-16/20
5枠 0- 1- 2-17/20
6枠 0- 0- 1-19/20
7枠 4- 0- 1-17/22
8枠 3- 3- 2-17/25
———————

 

 

種牡馬

———————————–
種牡馬 着別度数  勝ち馬が出た種牡馬のみ
———————————–
マンハッタンカフェ 2- 1- 1- 5/ 9
サンデーサイレンス 1- 0- 1- 2/ 4
クロフネ 1- 0- 1- 3/ 5
フレンチデピュティ 1- 0- 1- 0/ 2
アドマイヤベガ 1- 0- 0- 2/ 3
ダンスインザダーク 1- 0- 0- 4/ 5
テレグノシス 1- 0- 0- 1/ 2
キングカメハメハ 1- 0- 0- 9/10
ネオユニヴァース 1- 0- 0- 1/ 2
———————————–

 

前走クラス

——————————–
前走クラス 着別度数
——————————–
1600万下 1- 0- 1- 20/ 22
OPEN特別 2- 2- 1- 9/ 14
G3 5- 7- 5- 66/ 83
G2 1- 1- 1- 8/ 11
G1 1- 0- 1- 17/ 19
——————————–

 

これだけは押さえておきたい5つのポイント

展開次第でどの脚質でもOK!

人気馬が壊滅的・・・なぜか4番人気が5勝

勝ち馬は4,5歳かつ斤量54kgの馬

7,8枠から7勝!

前走OPENかGⅢの馬

 

以上のポイントは押さえておきたいですね。

 

予想以上に荒れそうな雰囲気・・・

過去の傾向を見て驚きましたが、人気馬が壊滅的な成績で56kgの斤量をもらった馬は一頭も来ていないという傾向が見つかりました・・・

今年の出走馬でいうと、クイーンズリング、アドマイヤリード、ヴィブロスのGⅠ馬三頭が56kgをもらっているという所で、このレースは実績馬よりもしっかりとここを目標に乗り込んできた馬を上位に見た方が良いのかもしれませんね。

まあ牝馬のハンデ戦なので、荒れてもなんらおかしくないという事だけは頭に入れておこうと思います。

是非、過去の傾向を参考にしていただければと思います。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク