2017 第52回 京都大賞典 推奨馬

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第52回 京都大賞典の推奨馬を届けしたいと思います。

とうとう3日間開催も最終日となりました。

本日の毎日王冠についてはまた後日記事を上げますが、ソウルスターリングが飛ぶとはびっくりしましたね。

まあ初の古馬との戦いはそんなに簡単ではないという事でしょうか。

あとはGⅠに向けての前哨戦という所もやはり考慮しなければいけないなと改めて感じました。

その点も含めて、京都大賞典の予想をしていきたいと思います。

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2017 第52回 京都大賞典 過去の傾向

2017 第52回 京都大賞典 有力馬紹介

2017 第52回 京都大賞典 血統分析

 

スポンサーリンク

レース予想

本日の馬場傾向

京都も東京と同じく、土曜日は重での開催となりましたが、現在は良馬場まで回復しています。

傾向としては、開幕週という事で前有利な馬場ではあるのですが、けっこう後ろから速い上りを使って来ている馬もいて、明日さらに馬場が渇いてくると差しが届いてくるのかなと思っています。

とは言っても、そこまで前後ろの差はないのかなと思っていますので、今までの傾向通り上りが使える馬から入るのが良いのかなと見ています。

 

レース展開

このレースも毎に王冠同様明らかな逃げ馬が不在で、可能性としては枠的にスマートレイアーかプロレタリアト辺りが逃げることになるのでしょうか。

番手にはサウンズオブアース、シュヴァルグラン辺りがつけて、その後ろは正直予想が難しいですが、有力所だとミッキーロケットが中団あたりにいてトーセンバジルが中団後ろ辺りで追走すると思われます。

ペースは2400mですし、そこまで速くはならないと思いますので、前後ろどちらにも可能性はあると思っています。

 

推奨馬

クラッツの推奨馬は・・・

 

 

◎トーセンバジル

 

にしたいと思います。

 

理由ですが、一番このレースで結果を残したい馬はこの馬だと思っており、前走は着順的には7着と惨敗していますが、前で競馬していた馬達に有利なレースで最後方から大外を回して0.2秒差というのは評価できるかなと思います。

またこのレースは上りが使えないと厳しいレースなので、しっかりと上りが使えるこの馬が差し切る可能性は大いにあると思っています。

ただ、いつも競馬が後ろからすぎる面がありますので、ペースや展開次第ではさっぱりという事も考えられますが、オッズが10倍つくなら狙えるかなと。

 

他の有力馬に関してですが、シュヴァルグランは前走逃げたことで折り合いがつくのかがポイントであり、デムーロ騎手が今ノリにノっているので、下手したら2倍を切る可能性もあります。

また、キタサンブラックやサトノダイヤモンドの成績が振るわない点を見ると、天皇賞・春のレコード決着の代償としてダメージが肉体的・精神的にも目に見えない所であるのではないかと思っていますので、その中で1番人気では買いたくないかなと。

サウンズオブアースに関しては、枠も良いので好走する可能性は高いと思うのですが、いかんせん頭では買いにくい馬なので、馬券のヒモまでかなと。

ミッキーロケットは出遅れ癖があり、後ろから行ったとしても速い上りが使えないので、ちょっと厳しいかなと。

あと気になるのはスマートレイアーですが、この馬は年齢を考えると今年が最後の可能性が高いと思いますので、ここはあくまで叩きとして使い、最後のGⅠ取りに全力をかけると思いますので、ここでは狙いにくいです。

 

という事で、今回はトーセンバジルから行ってみたいと思います!

 

本日は以上になります。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事