皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第68回 毎日王冠の有力馬を紹介したいと思います。

GⅠ馬が多数出走するレースですので、有力馬がとても多いです。

その中でも特に注目されているのが、オークス馬のソウルスターリングでしょうか。

この馬の取捨選択が今回のレースの肝になるかと思われます。

では早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2017 第68回 毎日王冠 過去の傾向

 

スポンサーリンク

有力馬紹介

ソウルスターリング

まずはオークス馬ソウルスターリングから。

怪物フランケルの初年度産駒という事で新馬の時から注目されていましたが、先行して上がりの脚も使える横綱競馬ができるタイプの馬です。

オークスでの勝ち方は圧巻でしたし、今回斤量が53kgと他の有力馬に比べてもかなり軽い斤量となっています。

正直この馬が馬券外に飛ぶのは想像つかないのですが、唯一の懸念材料としては今週は関東地方の天気が安定せず重馬場になる可能性がゼロじゃないという点ですかね。

唯一負けたのが重馬場になった桜花賞で、その時の走りを見ると重馬場は得意ではないと考えられます。

それ以外は欠点という欠点が見つからないので、良馬場での競馬であればまず馬券は外さないのではないかなと思います。

 

マカヒキ

次にマカヒキです。

昨年のダービー馬で、当時は最強の3歳世代と言われていたサトノダイヤモンドやディーマジェスティを破って頂点に立った馬です。

しかし、その後凱旋門で惨敗して帰国してからなかなか成績が振るわない状態となっています。

ただ、成績が振るわないと言ってもそこまで負けていませんし、この馬にとっても東京開催はプラスで体型的にも距離短縮は良いと思いますので、ダービー馬の復活が見れるかもしれませんね。

脚質的にもここに向いていると思います。

しかし、この馬にとっても重い馬場は良くはないと思うので、良馬場を希望したいところです。

 

リアルスティール

次にリアルスティールです。

国内ではなかなかGⅠの勝利を挙げる事ができませんでしたが、ドバイターフでムーア騎乗の下、初のGⅠ勝利となりました。

この馬も中団から速い上りを使えるタイプなので1800mのここでならいい勝負ができるのではないかと思います。

鞍上もデムーロ騎手という事で、一発あってもおかしくありません。

あとは、今まで重馬場の経験がないので、そこがどうなるかが心配な所です。

 

サトノアラジン

次にサトノアラジンです。

前走安田記念を強烈な脚で差し切って、悲願のGⅠ勝利となりました。

ただ、今回の距離延長がプラスに働くとは思いにくい所です。

今後の路線が分からないのですが、ここを使って距離が大丈夫そうなら天皇賞・秋に向かうのでしょうか。

脚質的にはちょっと後ろから過ぎるので、勝ち切るにはいろいろと条件が重ならないと厳しいのではないかなと思います。

斤量も最重量の58kgなので、評価的には押さえ程度です。

 

グレーターロンドン

最後にグレーターロンドンです。

前走はOPを勝ってからいきなりのGⅠレースでさすがに一枚足りませんでしたが、0.1秒差の4着であれば評価できる内容です。

斤量が56kgというのも良いとは思うのですが、この馬脚部不安があって上を狙うのであれば、ここはそこまで本気に勝ちに来る事は無いのかなというのが率直な印象です。

ただ、今まで東京を中心に乗られてきて、稍重でも勝っているところはプラスです。

GⅠ馬が多数いる中でオッズはそこまでつかないと思うので、期待したい一頭です。

 

GⅡとは思えない層の厚さです!

以上有力馬の紹介でしたが、本当にこのレースは有力馬が揃っており、楽しみなレースになりそうです。

個人的にはソウルスターリングには逆らえないかなというのが本音ですが、馬場傾向やオッズ次第では別な馬から行くかもしれません。

過去に単勝4000万がぶっ込まれるというある意味伝説を築いた一頭ですのでw

当日のオッズには注意が必要ですね。

 

本日は以上になります。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク