皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第51回 スプリンターズSのレース回顧をしていきたいと思います。

秋のGⅠがとうとう開幕して、競馬界も盛り上がってきたように感じます。

それではレース結果から見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

レース回顧

レース結果

1着 レッドファルクス 1.07.6

2着 レッツゴードンキ クビ

3着 ワンスインナムーン 1/2

 

レッドファルクスが二連覇を達成しました!

2着には内をするすると抜けてレッツゴードンキが差してきて

3着には逃げ粘ったワンスインナムーンが入りました。

 

推奨馬のセイウンコウセイは11着と惨敗という結果になりました。

 

レース展開

まずワンスインナムーンがいいスタートを切って楽に先頭に立ち、番手にダイアナヘイロー、フィドゥーシア外からビッグアーサーがつけました。

セイウンコウセイはちょっと出負けして4,5番手を追走し、レッツゴードンキも中団の内目を上がっていき、レッドファルクスは中団の外目を追走という流れになりました。

 

前半3Fは33.9でGⅠにしては緩いペース。最終コーナーを回る時はワンスインナムーンが1馬身ほど前に出ている状態で、レッツゴードンキは最内をするすると上がっていき、レッドファルクスは外に出して坂を上り切るまで我慢しているような状態。

坂を上り切ってから内からレッツゴードンキやスノードラゴン、ブリザードなどが追い上げてくる中、レッドファルクスが外から猛烈に追い上げて計ったかのようにレッツゴードンキを差し切っての1着となりました。

 

セイウンコウセイはコーナーを回った時には馬群に飲まれ、上がりの脚は残っているはずもなく負けてしまいました。

 

結果的には昨年同様上がり勝負になり上位は差し馬ばかりという内容でした。

 

セイウンコウセイの敗因としては、まずスタート出遅れたのが痛かったのと、スローの上がり勝負になってしまった点だと思います。

上がりが使える馬ではないので、ちょっと今回は展開に恵まれませんでした。

ある程度上りのかかる馬場でこそ、この馬の持ち味が活きてくるのかなと思います。

 

初のGⅠでしたが・・・

残念ながら初のGⅠ的中とはなりませんでしたが、まだ秋競馬は始まったばかりなので、切り替えていきたいと思います。

今週で中山・阪神開催は一旦終わり、来週から東京・京都が開催になります!

まだまだ楽しみなレースがたくさんありますので、それを楽しみにして皆さん仕事を頑張っていきましょう!

お金がないと競馬できませんからね!w

 

今日は競馬ファン待望のレース凱旋門です!

今週はまだ終わりじゃありません!

とうとう競馬界の頂点と言っても過言ではないであろう凱旋門賞がやってまいりました!

日本からはサトノノブレスとサトノダイヤモンドが参戦しますが、果たして日本人悲願の優勝なるでしょうか。

 

個人的にはサトノダイヤモンドはとても大好きな馬なので、全力で応援することに間違いはないのですが、凱旋門賞は過去にディープインパクトやオルフェーヴルといった日本最強の名馬が挑んでも勝つことができない高い高い壁です。

 

昨年から日本でも馬券を購入することができるようになり、さらに日本人の凱旋門賞に対する関心が高まっていると思います。

なので、サトノダイヤモンドを応援することはもちろんですが、お金も欲しい!という方も多くいらっしゃると思いますので(私もその一人ですw)他に気になっている馬を挙げてみたいと思います。

 

まずは、ムーア騎手騎乗のウィンターです。

凱旋門賞を予想するにあたって、オブライアン厩舎というのが一つキーポイントになります。

海外競馬ではチーム戦が行われることが多く、同厩舎の馬がペースの流れを支配したり他の有力馬にプレッシャーをかけるという行為がOKなのです。

昨年の凱旋門賞はオブライアン厩舎の馬が1,2,3着を独占するという結果になっており、今年はなんと同厩舎から5頭出しということで、まずはこの厩舎にマークするのがよさそうです。

その中で、ムーア騎手というのはオブライアン厩舎のエースであり、一番勝たせたい馬にムーア騎手を乗せてくる傾向にあります。

 

ウィンター自体はまだ2400mの経験がないので、正直凱旋門賞のようなタフな競馬が合っているとは思えないのですが、そこはムーア騎手なら何とかしてしまうのではないかという怖さがあります。

連系で買うならば抑えておきたい一頭です。というかオブライアン厩舎は全部押さえておきたいですw

 

後はクロスオブスターズは血統的には押さえておきたいです。

凱旋門賞は基本的にフランスで経験を積んだダンチヒ系が強く、前走のフォワ賞では重馬場で2着という結果を残しており、この人気なら狙っても面白いかなと思います。

 

まあ正直海外競馬はあまり分からないので、基本的にはサトノダイヤモンドが勝つことを願いつつ、軽く遊び馬券を買って楽しもうかなと考えております。

 

では数時間後には凱旋門賞なので、この辺で締めたいと思います。

 

頑張れサトノダイヤモンド!

 

 

本日は以上になります。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク