2017 第51回 スプリンターズS 有力馬紹介

 

皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第51回 スプリンターズSの出走登録段階での有力馬紹介をしていきたいと思います。

混戦模様の本レースではありますが、GⅠ馬も複数出走しており面白い一戦になりそうです。

それでは早速見ていきましょう!

 

こちらの記事も参考にして見て下さい!

2017 第51回 スプリンターズS 過去の傾向

 

スポンサーリンク

有力馬紹介

 

レッドファルクス

まずは昨年の勝ち馬レッドファルクスです。

安田記念3着からの参戦で約4ヶ月の休み明けでの出走になります。

休み明けという点を除けば有力馬筆頭なのですが、どーでしょうか。

中団から33秒台の速い上りを使えるというのはこのレースの傾向に当てはまっているのですが、当然人気するでしょうからオッズ次第かなーといった印象です。

 

セイウンコウセイ

次に高松宮記念の勝ち馬セイウンコウセイです。

函館スプリントS4着からの出走です。

この馬は1200m中心に使われており、高松宮記念では初の重賞・GⅠ勝ちという成績を収めました。

前目でまあまあの上がりを使えるのは良いと思うのですが、今回初の中山1200mという所が気になりますね。

また、前走は前半がかなり速いペースでの競馬での4着なので、前に行きたそうな馬が多い今回のレースではどうなのかな?というのが本音です。

ダイアナヘイロー

次に夏の上がり馬ダイアナヘイローです。

現在4連勝で前走の北九州記念を勝っての出走になります。

前目で粘りこむタイプの馬で4連勝というのは素晴らしいと思いますが、ちょっと使い過ぎ感は否めません。

さらに、相手強化と斤量2kg増というのもちょっと酷かなーと。

個人的にはそこまで高い評価はしていない一頭です。

 

メラグラーナ

次にメラグラーナです。

セントウルS4着からの参戦です。

前走は上がり32.4の末脚で追い込んでくるも4着と敗れてしまいましたが、もう少し前で競馬できると面白いかなーと思います。

中山は3戦走って3勝というのもプラス要素ですね。

ビッグアーサー

次にビッグアーサーです。

香港スプリント10着からの長期休養明けからの参戦です。

昨年の高松宮記念勝ち馬でスプリンターズSは12着と惨敗しましたが、内で詰まっての結果なのでまあ度外視しても良いかと思います。

脚質、上りの脚はバッチリなのですが、さすがに10ヶ月の休養明けはきついんじゃないかなーと考えています。

あとはサクラバクシンオー産駒がこのレース23頭出走して3着一回とすこぶる相性が悪いので、人気するようならバッサリ切るのもありかなと個人的には考えています。

 

ダンスディレクター

次はダンスディレクターです。

セントウルS3着からの参戦です。

中団から速い上りを使える点はプラスですし、前走は大外を回っての3着なので、なかなか面白い一頭かなと思っています。

ただ、昨年のスプリンターズSでは前残りだったとはいえ15着と大敗していますので、その点は注意が必要ですね。

 

レッツゴードンキ

次はレッツゴードンキです。

ヴィクトリアマイル11着からの長期休養明けからの参戦です。

桜花賞をドスローの逃げで勝利したあのレースは記憶に新しいですが、最近は後方から追い込んでくる競馬が続いていますね。

上がりを使えるのは良いのですがちょっと後ろから過ぎるので、もう少し前目で競馬してほしい所です。

休養明けという点もマイナス材料ですね。

 

ファインニードル

次はファインニードルです。

セントウルS1着からの参戦です。

この馬も今年の夏から使い続けてきて前走ようやく重賞を勝つことができました。

前目でそこそこの上がりが使えるのは良いのですが、この馬もちょっと夏使い過ぎですよね。

あとはセントウルS1着の馬はなぜか成績が悪いというジンクスもありますので、積極的に狙いたい馬ではないですかね。

 

スポンサーリンク

本当に難しい一戦です・・・

以上8頭をご紹介しましたが、正直これといって狙いたい馬がいませんw

実績馬は全て長期休養明けのぶっつけでのレースになるので、何ともまあ読みにくいです。

枠順や展開一つで勝ち馬が変わりそうなので、本当に難しい一戦です。

 

明日は血統からおすすめの馬を抽出したいと思いますので、宜しくお願いします。

 

本日は以上になります。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事