皆さんこんばんは。

期待値ハンタークラッツです。

 

本日は2017 第65回 神戸新聞杯の推奨馬をお届けしたいと思います。

菊花賞のトライアルレースという事で、今年の3歳牡馬の有力所の多くがここから始動してくる訳ですが、果たして菊の権利を得る馬はどの馬になるのでしょうか。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

レース展開予想

まず逃げるのはマイスタイル、アダムバローズあたりかと思います。

マイスタイルに関してはダービーで逃げて四着と最後ぎりぎりで交わされてしまいましたが、スローとは言っても東京の長い直線で最後まで粘れたのは収穫だと思いますので、今回もノリさんなら逃げると思います。

 

その番手にダンビュライト、次にベストアプローチ辺りがつけて、後方にサトノアーサーやベストアプローチ、レイデオロ、カデナ辺りの有力所が控えるという競馬になりそうですね。

 

タイム的には2400mなのでそこまで速いペースではないと思います。

ノリさんが逃げるので最後の直線までは緩みっぱなしですかね。

 

本日の馬場傾向

本日の阪神の馬場傾向を見てみると、やはり例年通り外差しが良く決まっているレースが多かったです。

ただ、以外にも逃げ馬が馬券に絡むレースが何レースかありましたので、極端にスローになるとある程度前目で競馬できていないと厳しいかもしれませんね。

 

今のところは例年とさほど変わらないような馬場傾向なのかなと考えております。

 

推奨馬

今回私が推奨する馬ですが、

◎キセキ

 

にしたいと思います。

 

正直、出走馬が発表された時からこの馬が馬券に絡むのは固いかなと思っていました。

 

理由としては、まず強力な末脚をもっているという点ですね。

前走の新潟で行われた1000万下のレースですが、ハイペースの中上り32.9という脚を本気で追わずに出してきたという点を評価しました。

 

上がり32秒台というのはなかなか出せるものではありませんから、メンバー中最速の上がりという点では、まず馬券には絡んでくるであろうと思います。

 

ただ、正直な所1000万下を勝ったばかりで2番人気の3倍台というのは人気先行しすぎな感は否めません。

 

他にも馬券妙味がある馬がいて、そちらと悩んだのですが、今回は素直に”上がりが使える馬”を推奨馬としてあげたいと思います。

 

また、キセキはここで賞金加算をしておかないと、どの重賞にも出走できませんので、ここはメイチ仕上げで来ると考えてこの馬で勝負したいと思います。

 

本日は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク